書評<細胞内共生説の謎: 隠された歴史とポストゲノム時代における新展開>

地球上の単細胞、多細胞生物にはあまねく細胞内に小器官を抱えている。それらは原初の細胞形成時代に、細胞内に別の細胞を取り込み、共生をはじめたとの考え方が現在の定説である。特にミトコンドリアと葉緑体などの色素体に関しては、小器官がDNAを抱えていることから、定説の根拠となっておる。この細胞内共生説はどのようにして学界の定説となったのか、1900年代以降の研究の歴史を紐解いていく。

現役の細胞学の先生が著者ということで、ポピュラーサイエンス以上、専門書以下という立ち位置の本だが、専門的で難解な部分はゲノム解析が主で、全体としては歴史書に近い本である。ロシアの生物学者が細胞内共生説を唱え、現代の細胞内共生説の祖ともいえるマーギュラスがどのような事実を根拠に研究発表したのか?そしてゲノム解析が急速に進んだ現代において、ゲノム解析から細胞内共生説を補強したのか、再考を促したのか?様々な視点から細胞内共生説を取り扱っている。生命の創生に関わる地球科学のマクロの視点から、ゲノム解析によるミクロの視点への移行は興味深い。また、学者の個性が大いに定説の定着や否定に関わるという事実は、とかく”エビデンス”にこだわりがちな現代の科学で再考されるべき視点であろう。
本書の著者もまた個性的な方であることも想像できる、読む解くのに時間はかかるが興味深い生物学の書である。

初版2018/06 東京大学出版会/ハードカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

築城基地航空祭2018に行ってきた<地上展示編>

築城基地航空祭2018、地上展示で撮った写真をうp。
Dsc_0019


Dsc_0029


Dsc_0007


Dsc_0089_2


Dsc_0068


Dsc_0078
絵になるF-15とF-4とPさん、会場を騒然とさせた消火デモと、地上展示も見どころ満載でした。来年も楽しいショーを期待しております。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

築城基地航空祭2018に行ってきた<飛行展示編>

2018年11月25日、築城基地航空祭に行ってきました。雲量は多めですが、基本的に快晴。F-2の射爆デモ、PACAFデモチームのF-16機動飛行デモ、新田原基地からのリモートによるF-15Jの機動飛行デモを中心に写真をうp。
Dsc_2365_2


Dsc_1597_2


Dsc_2496_2


Dsc_2444_2


Dsc_0197_2

何度かあったF-2の機動飛行、F-2の推力重量比を生かし、なおかつエプロンの観客に”魅せる”ことを意識した素晴らしいデモで、こちらのカメラの腕が上がったと思わせるほどの突っ込みと低さ。少し前に発生した編隊内での接触事故のことなど忘れさせてくれる機動飛行でした。

PACAFのF-16デモチームもお見事。

Dsc_0227_2


Dsc_0834_2


Dsc_0587_2

予行の時から話題だった離陸直後にパワーでひねるスニークパスは最高。これでもFAAの飛行デモのルールに準拠しているそうで。

新田原基地からリモートのF-15Jのデモはヴァイパー・チームに比べるとおとなしめ。アウェイだからしょうがないですね。空自へのF-35Aの配備以降、「F-15は少しF-4より運動神経がいいだけ」とか極端な意見もネットで散見されるので、ここはホームでのデモを期待。
Dsc_1344_2


Dsc_1298_2


Dsc_1055_2

その他、ウイスキーパパさんのデモなど、非常に満足のいく航空祭の飛行デモでした。8SQの配備以降、築城基地航空祭は非常に楽しいショーになりましたね。
ブルーインパルスが来なかった分、観客は例年より少なく、帰りもスイスイでしたが、マニア大満足のショーでした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<絶滅できない動物たち 自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ>

「人新世」と呼ばれる言葉が使われるくらい、近年の人類は地球の生態系全体に影響を与える存在となった。世界にあまねく広がった人類は両生類、爬虫類、哺乳類などあらゆる生物を絶滅に追い込んでおり、このままでは地球の生物種の半分が絶滅するという予測もある。現在、人類は生態系の維持に目覚め、絶滅が近い動植物の保護が始まった。だが、それはときに貧困にあえぐ途上国の経済発展とぶつかり、ときに生命倫理とぶつかるなど、多くの困難に突き当たっている。果たして、現在進められている生態系保護は正しいと全面的に肯定できるのか?様々な事例を通して著者は問う。

地球の自然保護、生態系の保護は世界に共通する”正義”の1つであるはずだ。だが、本書はそれに疑義を投げかける。アフリカの貧困地域のインフラ整備と、カエルの希少種の保護とどちらを優先すべきか?経済的な問題を発端とし、著者は種の保存の是非を問いかける。希少種や絶滅種のDNAを保存することが未来への投資となるのか?一度絶滅した動物を遺伝子組み換えで復活させることが倫理的なのか?同系統の動物を交配させて数を増やせば、「種」を保存したことになるのか?本書は哲学的な意味で”種とは何か”まで問いかける。
人類が登場する以前、地球は6度の生物大絶滅を経験していると判明している。それでなくても、自然環境の変化で生物種は常に入れ替わっている。”人類が絶滅させた”というと罪の意識を覚えるが、それは日々繰り広げられる生存競争の一種ではないのか?様々な種の保存への取り組みは、一種の罪滅ぼしに過ぎないのではないか?生物と人類の科学の間に横たわる深い淵について考えさせられる1冊である。

初版2018/09   ダイヤモンド社/ハードカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tu-128 Completed

トランぺッター1/72Tu-128Mフィドラー、完成しました。
Dsc_9657

Tu-128フィドラーは1960年代に開発、配備されたソ連の迎撃戦闘機。大量の燃料と大型AAMを搭載、全長30mにも及ぶ大型戦闘機で、ソ連領空に侵攻してくるアメリカ空軍の爆撃機が主任務。そのため、戦闘機にも関わらず大型機の設計を得意とするツポレフ設計局の手により開発されるなど異例、異形の戦闘機です。

Dsc_9662


キットはトランぺッターの新商品をストレート組み。合いは悪くありませんが、練習機型を後で発売するためか胴体が前後2分割されているなど強度に不安があるため、プラ棒やプラ板で補強しています。ディテールに関しては、リベット表現などがやや大味で、同社のMig-29やMig-31とは差があります。設計チームが違うのか、大型機の表現としているのかは謎。

Dsc_9664

また、オモリなしで尻もちつきません。脚の強度に不安があるので、オモリなしを推奨。ジェットノズル回りのエッチングパーツは冷却空気取り込み用。

Dsc_9674

塗装はブラックサーフェサー吹いた後、クレオスC8シルバーにクリアーを足して吹きつけ。特色のアルミナイズドシルバーを重ねぶきした後、エナメルでスミ入れ兼フィルタリングして、エイジングを表現。シベリアの過酷な環境での使用を想像しながら綿棒で擦り、やり過ぎたら薄くシルバー吹いて面が単調にならないように仕上げます。

Dsc_9667

デカールは付属のモノですが、解説などは特になし。派手なマークがついている方にしました(笑)。

Dsc_9697

Twitterの方にも書きましたが、Tu-128フィドラーは「長距離進出して爆撃機を要撃する」という任務に特化したフシギな魅力がある機体です。大きなキットですがこれぞ高速ジェット機という形態なので、工作はシンプルに、塗装を楽しめました。面白いキットでおススメです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<ドローンの哲学――遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争>

長時間滞空して目標を含む地域を監視、目標が確認できれば即座に攻撃する、RQ-9リーパーに代表されるUAV。人間が生み出してきた飛び道具の歴史、すなわち石器や弓、小銃やミサイルの延長線上にUAVがあると考えるのは間違いだ。UAVは敵地での”人間狩り”を可能にし、究極の”非対称の戦争”を生み出す。それは政治や外交におけるいわゆる”戦争の哲学”を変える兵器なのである。本書はUAVが内包する問題を法律的、哲学的に分析し、戦争を変えていく兵器の登場を分析していく。

本書は兵器としてのUAVの登場が戦争を変えていく可能性を法律的、倫理的、哲学的に分析していくものである。前述したようにUAVは飛び道具の歴史の延長線上にある兵器ではない。例えばオバマ大統領は世界の協調を唱え、大規模な軍事行動は控えたが、テロとの戦いにおいてUAVによる要人暗殺を容認した。時代に則さないとして禁止されたCIAの暗殺を復活させたのである。それは従来の国境に関する考え方、あるいは戦争倫理や法律を揺るがすものであり、重大な政策変更であった。小さく、軽い航空機が、政策変更を促したのだ。我々は戦争の哲学の変化の時代にいるのである。

初版2018/07  明石書店/ソフトカバー


| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-16D"Polish AirForce TigerMeet"completed

Twitterでのお祭り、#東欧機祭りの参加僟、ハセガワ1/72F-16D"Polish AirForce TigerMeet"、完成しました。
Dsc_0036
いわゆる東欧革命後、民主化した東欧各国は旧共産圏から離脱しNATOに次々と加盟。軍備についても、通信機器の共通化から、主力戦闘機もNATO加盟国の装備に合わせる国も現れました。ポーランド空軍はその1つ。いち早くF-16の最新型であるBlock52を採用、タイガーミートなどNATOの共同訓練にも積極的に参加しています。

Dsc_0041

ハセガワのキットはそのタイガーミート参加僟のデカールが付属した限定版。キットの内容そのものはいにしえから受け継がれるキットにF-16Iのパーツを加えたもの。金型が傷んでいるのがシロウトでも分かるので、なんとかリニューアルして欲しいものです。

Dsc_0061

基本的にはストレート組みですが、どうしても個人的に気になるシートとジェットノズルをアイリスのレジンパーツに交換。最近、アイリスのレジンパーツもショップやネットオークションであんまり見ないのよねえ。このあたりもリニューアルを望む所以です。

Dsc_0065


塗装はクレオスC306とC308の制空迷彩。それに付属のデカールを貼ったもの。虎柄デカールは垂直尾翼は問題ないのですが、曲面構成のCFTにはあんまりにも雑な一体型をしており、あらかじめ6分割して、適宜切りこみを入れて貼りつけ。ハセガワのデカールはあんまり強力なデカール軟化剤を使うと溶けてしまうので、クレオスのソフターを辛抱強く使って慣らします。写真だとうまく誤魔化されてますが、仕上がりは雑です。
Dsc_0052


Dsc_0080

東欧の戦闘機たちと一緒に。時代といえばそれまでなのですが、こうしたバラエティ溢れる戦闘機たちがすべてF-16かF-35になるのもちょっと寂しいもの。てゆうか、生きてるうちにF-35の次の戦闘機のプラモ作れないんだろうなあ、なんて考えながらのモデリングでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陸自玖珠駐屯地記念行事2018に行ってきた。

爽やかな天気の週末、第4師団の戦車部隊の根拠地である玖珠駐屯地記念行事2018に行ってきました。
Dsc_9108
大分県の山間部の気候を考慮せず上着なしでいたワタクシ、背筋をゾクゾクさせながら観閲行進を待っていたのですが、ポジション取りが悪く、写真もあんましいいの撮れず。こういう日もある。
Dsc_9222

Dsc_9095


Dsc_9147


Dsc_9241


Dsc_9297
観閲行進、バイクドリルの後、注目新装備の16式戦闘機動車はデモランを実施。生産ペースが割と早く、すでに全国に配置されているので、あんまり新鮮味を感じなかったりする。富士学校で10式戦車初めてのデモランのときは感動したものだが。
続けて訓練展示。
Dsc_9487


Dsc_9535


Dsc_9585
74式戦車に仮想敵役の偽装を施していたのは良かった。ただ、訓練展示時のライフル含めた普通科用の装備と新型車両を見てると、心中複雑よね。陸軍の中心である歩兵装備は「テロとの戦い」やってる国とは二世代は差があるのよね。装備の調達がそれでいいのかと考えてしまう。海と空と違って、想定する戦闘がフラフラしてるからなあ。幹部の皆様に今一度、調達する兵器を検討し直して欲しいものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

芦屋基地航空祭2018に行ってきた

空自教育部隊の根拠地の1つ、芦屋基地航空祭に行ってきました。記録用に写真をランダムにうp。

018d585a1098d6606f20a18f25a8146f7c2


01da79a83a1f189fce90ecf48cbb7fbf03b


Dsc_7707

Dsc_8459_01


Dsc_8630_01

Dsc_8810_01


Dsc_8821_01


Dsc_8957_01


Dsc_8885_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<オカルト・クロニクル>

いまだ世界には様々なオカルト的な謎が存在する。雪山にトレッキングに出かけた男女7人が怪死した著名な事件から、日本の身近な神社で起きた失踪事件まで、犯罪ともオカルトとも解明できていない事件。本書は謎に満ちた事件の解明に挑んでいく。

本書は元々、ネットで有名なサイトのコラムをまとめたもの。とはいえ、著者は事件に関係する膨大な書籍や新聞記事、テレビ番組のVTRを検証し、現地へ赴き検証する。文体自体は非常にくだけて読みやすく、ときにギャグも混じるが、事件に向かう姿勢はいたって真摯である。
UMA(未確認生物)やUFO(未確認飛行物体)といったオカルトの”大物”に我々オカルト好きの目は向きがちであるが、残念ながら科学の進展、社会の変化によってそれらのネタは滅びつつあるのが現状だ。一方で、謎に満ちた失踪事件や未解決事件は、いまだ我々の社会に影を落としている。著者の決してシニカルに陥らない姿勢こそ、我々が本書から学ぶべきことかも知れない。


初版2018/08  洋泉社/ソフトカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«書評<東欧サッカークロニクル>