2021.09.27

書評<機龍警察 白骨街道>

 

機甲兵装と呼ばれるパワードスーツが軍や警察に普及している世界。搭乗者の脊髄と制御系を竜骨(キール)と龍髭(ウィスカー)で接続する特殊な機甲兵装を所有し、凶悪なテロなどの犯罪に立ち向かう警視庁特捜部は、外国人をそのパイロットとして雇用契約していることから、警視庁組織の中で浮いた存在でもあった。

その特捜部に課せられた今作の任務は、ミャンマーのジャングル奥深くにある紛争地域での犯罪人受け渡し。一方、日本ではその犯罪人が絡む国産の機構兵装開発に関連する汚職事案や京都財界の不正の捜査が展開され、ミャンマーでの激しい追撃戦と、巨悪を暴く金融捜査が同時に展開する。太平洋戦争時、無謀な作戦で多数の戦死者、餓死者を出し、白骨街道と呼ばれたミャンマーの地を、主人公たちは脱出出来るのか?官邸に巣食う病魔まで捜査の手を伸ばすことが出来るのか?物語は急展開していく。

 

「機龍警察」シリーズの最新作の舞台はミャンマー。多くの日本兵が眠る因縁の地で、マフィアや国軍など思惑の異なる武装集団たちが繰り広げる追撃戦は読者に息もつかせない激しい展開を見せる。一方で展開される、日本での防衛装備を巡る汚職事案。こちらは京都が舞台で、古都独特のねっとりと生臭い人間関係が物語に不穏さをもたらしている。ミステリマガジンでの連載中に、本作の舞台であるミャンマーで政変が起きてしまったため、著者が意図していたラストシーンになったかどうかは不明だが、不安定な地域を取り上げたゆえの急速な状況の変化、犯罪組織の跋扈、腐敗した政府と軍など、ジャングルからの脱出作戦は正義など存在しない絡みつくような闇の中を泳いでいるようで救いがなく、警察小説、アクション小説としてのカタルシスも少ない。それでも、読み応えのある一冊だ。

初版2021/08  早川書房/ハードカバー

2021.09.26

書評<アウトロー・オーシャン 海の「無法地帯」をゆく>

古来より人類は海の恩恵に与(あずか)ってきた。魚類に代表される海洋生物資源、海底に眠る天然資源。だが広いようで狭い海洋は厳しい世界であり、各国政府の警察権力も届かない。ゆえに過酷な労働環境の漁船での仕事に従事する男たちの実質的な人身売買が横行し、海洋警察の装備が貧弱な国での違法操業が横行する。貴重な自然環境の破壊を気にもぜず、海底油田を掘り当てようとする石油企業。日本の捕鯨船に実力行使で対抗しようとする自称環境保護団体”シーシェパード”も「アウトロー」だ。本書はニューヨークタイムズの記者が実際に違法操業を繰り返す漁船やシーシェパードの船舶に乗り込み、”無法者の海”の実態を暴いている。

 

日本は世界でもまれな魚類消費国であり、近海での乱獲ぶりは世界の環境保護活動家どころか、日本国内の水産関係者からも批判される。だが、太平洋にはもっと過酷な漁業が存在し、奴隷のように甲板員を使い捨て、公海・領海問わずにごっそりと海洋資源を獲っていく違法な漁船が跋扈している。甲板員の供給源はカンボジアなどアジアの貧困地帯、違法漁船の所有企業の国籍は韓国、台湾、タイなどの沿岸国、操業するのは南氷洋を含む過酷な海洋上と、該当する国は多国籍となり、その取り締まりは遅々として進まない。

取り締まる側にも事情はある。広大な海洋を監視できる国は少なく、人身売買に対しても、地方と都市の格差が大きな東南アジア各国は国家警察の取り締まりが及ぶ範囲は狭い。海洋環境を守るグリーンピースやシーシェパードは少ない戦力でアウトローたちに対抗しようとしているが、大抵の場合は徒労に終わる。

本書で取り上げられる無法者たちは、漁業だけではなく、合法スレスレの船舶売買や海賊行為など多岐に渡る。島国である日本は世界的に見ても海洋が身近な国だが、想像が及ばない”過酷な海”がそこかしこにあるのだ。今一度、近隣のスーパーに並ぶ海産物の生産国を見直すきっかけになる一冊である。

 

 

初版2021/076  白水社/ソフトカバー

2021.09.25

書評<最悪の予感 パンデミックとの戦い>

アメリカという国は世界中に権益を抱えており、安全保障に関してはあらゆる可能性に備えている。感染症のパンデミックもその1つだ。軍は完成症対策の旗振り役ともいえるCDC(疾病対策センター)を抱えており、州などの自治体は各郡に保健衛生局をかまえている。また、民間セクターにおいても、医療を含めた科学研究の先端を突っ走っている。にも関わらず、昨年からのCOVID-19の蔓延を防止することが出来ず、ベトナム戦争より多くの死者を出した。その原因は何か?本書は前述した自治体の保健衛生局の局員やシンクタンクのスタッフなど、実質的に感染症対策の最前線に立った人物たちにスポットを当て、ストーリーを紡ぐことにより、アメリカの感染症対策の実態を暴いていく。

 

COVID-19の世界的なパンデミックは何も突然起きたわけではない。SARSをはじめとして、様々な予兆はあった。アメリカでは子ブッシュ大統領の時代から、大規模なパンデミック対策を検討してきた。だが、大統領が変われば高級官僚たちもごそっと変わるシステムゆえ、それが引き継がれることはなかった。このことは強い自治権を持つ州当局も同じことで、現場を預かるスタッフとそれを指揮するレベルのスタッフには大きな断絶がある。本書は内なる情熱を抱え、稀な使命感を持つ保健衛生局の局員が実質的な主人公だが、彼女が全権を振るえるようにはなかなかならない。また、民間のシンクタンクにとんでもないレベルの天才スタッフを抱えているにも関わらず、それを活用、連携出来ないのだ。

さらに本書で印象的なのは、CDC(疾病対策センター)の無策だ。日本人からするとCDCといえば、各種フィクションでも知られる”アメリカと世界を感染症から守る組織”であり、感染症対策の絶対的な指針であった。ところが今回のCOVID-19のパンデミックに対するCDCの反応は鈍く、現場からの報告を抱え込むだけの組織であり、主人公が敵視する典型的な”動きの鈍い官僚組織”になり下がっている事実が本書で描かれる。最終章近くでその理由は明かされるが、それもまた政治であった。

COVID-19のパンデミックは現在進行中といってよく、今回の事態と対策は長く続き、社会を変えるだろう。そのパンデミックの最初期に何があったか、アメリカの状況が掴めるノンフィクションである。

 

初版2021/07   早川書房/kindle版

2021.08.11

書評<スピルオーバー――ウイルスはなぜ動物からヒトへ飛び移るのか>

人類の繁栄の歴史は、感染症との戦いでもある。ペストや天然痘など、多くの感染症を抑え込んできた人類だが、なお危険な感染症が次々と姿を現す。近年、もっとも問題になっているのは人獣共通感染症<スピルオーバー>である。人類の活動領域の拡大に伴い、奥深い熱帯雨林に生息する哺乳類、あるいは鳥類が宿主となっている細菌やウイルスが、人類に重篤な有害事象をもたらし、航空輸送を中心とするグローバル化が、パンデミックをもたらす。本書は気鋭の科学ジャーナリストが感染症研究の歴史を踏まえ、近年確認されているヘンドラウイルス、エボラウイルス、そしてHIVウイルスなど人獣共通感染症について、専門家の意見を聞き、専門家のフィールドワークに同行し、その起源を辿っていく。

翻訳書である本書の原著発行は2013年。よって、昨年より世界的なパンデミックになっている新型コロナウイルス禍については簡単な補稿があるのみである。しかし、そのCOVID-19ウイルスがなぜ、どこからやってくるのかについて、完璧な参考書となっている。前記したように本書は感染症拡大の歴史と基礎知識の解説から始まる。メディアに頻繁に登場する「実行再生産数」などの用語を生み出した研究者たちを中心とした”前史”を踏まえたうえで、鳥インフルエンザウイルスやエボラやマーブルブルク、HIVウイルスの起源と伝播について探っていく。ウイルスの伝播は非常に複雑であり、起源にせまるのは簡単なことではない。それでも研究者たちは未開の土地に分け入り宿主のありかを探っていく。危険な人獣共通感染症の起源はどこか?「未開の土地からウイルスが世界に拡がる」とよく言われるが、実際のことろ、人はなぜジャングルに分け入り、ウイルスに感染するのか?毒性は強いが流行はあっという間に収まる感染症と、世界に伝播する感染症は何が違うのか?人獣共通感染症の宿主はしばしばコウモリが疑われるが。それはなぜか?スピルオーバーについての様々な疑問について、推測を交えて解説していく。

人類は哺乳類全体で見ると”若い”種であり、様々なウイルスへの暴露も浅い。また、天然痘に代表される”人類のみが問題とする感染症”は人体が行き止まりであり、克服も時間はかかるが可能なことではあるが、人獣共通感染症は常に変異していくウイルスや細菌と戦うことになり、それは終わりのない戦いとなる。その戦いに参加する一般市民として、人獣共通感染症を知るに最適な一冊である。

初版2021年4月 明石書店/大型本

2021.07.13

かかみがはら航空宇宙博物館に行ってきた

昨年からの新型コロナウイルス禍により、空自の航空祭も陸自の駐屯地記念行事も海自の艦艇一般公開もなくなり、深刻なミリタリー成分不足に見舞われたため、休暇を取って、岐阜県各務原市にある<かかみがはら航空宇宙博物館>に行ってきました。各務原市は日本の航空産業発祥の地の一つであり、また川崎重工の地元であります。また空自岐阜基地は各種新装備の試験を行う特別な基地であり、航空宇宙博物館の設置地に相応しい地でしょう。

Dsc_8132

Dsc_8121

まずはこの航空宇宙博物館の象徴である復元された三式戦闘機、飛燕。戦後に施された塗装をすべて剥ぎ取り、ジェラルミンの地肌に戻した姿は、その巧みな照明も相まって厳粛ともいえる空気に包まれています。

Dsc_8027

Dsc_8042

Dsc_7960

Dsc_7684

Dsc_7674

Dsc_7667

Dsc_7665

前述したとおり、岐阜基地は各種新装備や試験機、テストベッド機が集まる特別な基地であり、ここにしかない航空機も多数収蔵されています。個人的にはFBWの技術実証機であるT-2CCVと、STOL技術実証機である輸送機<飛鳥>は特別な存在。戦後、復活した日本の航空機産業が官民で様々な新技術にトライしていた時代の航空機を見ると、日本の航空業界には”あったかも知れない別の未来”を見ている気分になります。

Dsc_8087

Dsc_8098

Dsc_7787

Dsc_7834_20210713185101

Dsc_7828

Dsc_7819

Dsc_7818 

川崎重工の地元なので、各種ヘリの展示も充実。

Dsc_8147_20210713185401

Dsc_7846

また、”航空宇宙博物館”なので、JAXA関係を中心にロケットエンジンや衛星なども展示されています。

Dsc_8073-2

Dsc_7876-2

Dsc_7919

博物館の内外を2回りしてスマホの記録上、6㎞も歩いていました。最近、睡眠不足で体調万全とはいえないのですが、それだけ興奮して写真を撮りまくっていたということでしょう。岐阜はグルメも充実しているので、近いうちも再訪したいものです。

 

 

2021.06.06

書評<デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場>

両手の指9本を失いながら<七大陸最高峰単独無酸素>登頂を目指した登山家・栗城史多(くりきのぶかず)氏。2018年に世界の最高峰、エベレストにて滑落死した彼は、登頂をネットにて”生配信”するという計画を立て、実行に移した新世代の登山家であった。自己啓発系の人脈を生かして多くのスポンサーを募りながらも、自己を演出し、無謀な挑戦に挑む彼には常に批判がつきまとった。著者は栗城氏のドキュメンタリーを製作したテレビ局のディレクターで、彼の”演出”に深く関わった人物であり、後に疎遠になりながらも綿密な取材により、特異な人物であった栗城氏の死の真相にせまっていく。

自分が栗城氏のことを知ったのはNHKのドキュメンタリーであった。凍傷で指を9本失った彼の無謀で、最期となるエベレスト登頂を追ったものであった。視聴後にネットを軽く検索すると、批判的な記事その他多数がアップされていた。彼はこの本に詳しく書かれているとおり、その人脈も含めてネット民大嫌いな「うさんくさい自己啓発セミナー系の人物」であった(登山関係者を除く)。ネット空間でのし上がっていこうとしていた栗城氏にエベレスト登頂という実績が伴わなければ、死亡という結果さえ批判されるのも無理はない。本書にはネットの評判通りの人物像に近かった栗城氏のヒストリーを追い、彼の人生における様々な決断の裏にあるエピソードやプライベートも赤裸々に綴られている。

一方で、前記した通り、著者は栗城氏の”自己演出”に深く関わったマスコミ側の人物である。かなり深くまで彼の登山にまつわる内情や内心を調査し、推測も加えて、本書を書いているが、果たしてその資格が著者にあったかは疑問は残る。まして、著者はヤンキー先生こと義家弘介氏(現国会議員)を世に送り出した人物だ。マスコミの寵児になることが対象者の人格を変えることを知っていながら、彼を番組に起用した。著者にも栗城氏の死の責任の一端はあるはずだ。”美味しい取材対象”をその死までしゃぶり尽くしている感は拭えない。

”インターネットによるオンデマンド時代の登山家”の人生、その人物に関わったマスコミとの関係まで、様々な問題を問いかけ、ぐいぐいと読ませるノンフィクション(著者の推測も多く含まれるので半ノンフィクションというべきか)であることだけは確かである。

 

初版2020/10  集英社/Kindle版

2021.06.05

書評<欧州の排外主義とナショナリズム―調査から見る世論の本質>

2010年代後半から、欧州では中東・アフリカ地域からの難民・移民の急激な増加や、イスラム過激派のテロの影響により、右翼政党の台頭など排外主義が高まっている。それ以前も欧州への移民はもちろんあったが、シリア内戦やISの台頭による急激な移民・難民の増加は多くの地域で地元住民との摩擦を表面化させた。さらに、人権・人道の観点から難民受け入れを是とするEUのエリートたちと、各国で現実に宗教や価値観が異なる移民・難民と接することになる住民との乖離も排外主義が高まる要因となっている。本書はマスコミなどで報じられる「移民・難民と雇用を争う低賃金層が右翼政党に選挙で票を投じている」という一般的な分析、つまり経済的な要因が排外主義の台頭を促しているのが真実なのか、世論調査を精密に分析することにより明らかにしていく。

本書は読んでまず感じるのは「世論の動向を正確に把握する世論調査の方法と分析はある」ということだ。アメリカ大統領選で世論調査の結果とまったく反対にトランプ氏が当選したあたりから、世論調査に対する正確性が大きく問題になった。”ポリティカルコレクトネス”なるものが政治家だけではなく、一般市民にも求められる昨今、世論調査で「自分の内心を正直に答える」ことに躊躇する人が増えている。自分も電話での世論調査の経験があるが、単純で誘導的な質問が多くあり、現実の社会を反映しているかは大きな疑問だ。だが、巧みに質問を構成し、数学的な分析を取り入れることで世論調査の正確性を高める方法があることを本書は解説する。その後、本論である「欧州における排外主義とナショナリズムの高まりは経済的な要因か否か」を分析していく。

もちろん、一口に「欧州」「EU」といっても多様な国家、地域を抱えており、歴史的経緯もあって一面的に語ることはできない。政治家が選挙に勝利するために、あえて排外主義を主張し、選挙民の価値観の変化と相互作用することもあるだろう。だが、フランスやポーランド、ラトビアなど状況が異なる国の世論調査の分析を通して一貫しているのは「貧困層が排外主義を肯定している」のではないことだ。宗教・文化的な要因に拠るところが大きいのである。もう一つは「EUへの反感」である。大きな”理想”を抱えたEUだが、前段で述べたように移民・難民と接するのはエリートたちではなく庶民であり、宗教や慣習の違いによる摩擦を体験し、テロや犯罪の被害者になるのは庶民である。政治的な正しさと現実社会の摩擦が、排外主義とナショナリズムの高まりに繋がっていることを、本書は証明しているのである。

日本でもネットを中心に「キレイごとと現実」の摩擦が起きているが、せめてマスコミには本書にあるような世論調査の方法を取り入れ、正確な報道に務めて欲しいものである。

 

初版2021/03 新泉社/ソフトカバー

2021.05.09

書評<中世ヨーロッパ: ファクトとフィクション>

RPGゲームやなろう系小説でお馴染みの中世ヨーロッパの世界。一方で、中世ヨーロッパには”暗黒時代”というイメージもある。人々はカトリックの価値観に縛られ、地球は平面だと思い込み、そのカトリック教会は異端審問で魔女を火あぶりにする。社会は王族を除き不潔な環境で、ペストの流行で多数の人口を失い、嘴型のマスクをした医師が徘徊する。ちまたに溢れるこうした定説は果たして事実なのか?著者は過去に出版された著作を丹念に調べ、その真実を明らかにしていく。

最初に言っておくと、本書はJRPGや中世を舞台とする小説を批判するものではなく、その元ネタともいえる「指輪物語」をはじめとする海外の中世ヨーロッパを舞台とするフィクションの中のイメージを覆していくものである。なので、本来は中世ヨーロッパに対して固定的なイメージを持つ、アメリカの読者向けの本であるともいえる。そして前記したようなテーマについて、フィクションの中のヨーロッパと、同時代に出版された文献を比較し、実際はどうだったかを比較している。

基本的に、本書が訴える事実は主に2つ。まずは中世の定義。ヨーロッパ史における中世とはローマ帝国の崩壊とルネサンス時代の間、西暦500年くらいから1500年くらいの間を指す。例えば異端審問で罪なき多くの女性が処刑された魔女裁判は中世以後、近世で起きた”最近の出来事”であり、カトリック教会の影響力が落ちつつある時代の出来事で、その考察には別の価値観が必要だ。
もう一つの方が重要だが、「中世ヨーロッパは暗黒時代」という”物語”はルターの宗教改革でプロテスタント派の登場以後の文献に多く見られるようになり、特に科学による近代文明が発達し始めた19世紀以後の著作によって語られているということだ。カトリック教会の権威や絶大な権力とその腐敗を批判したいがために、非科学的で悪辣な行動を「事実」として、「歴史書」の形をとって書かれた書物には、当時の文献をロクに調べもせずに書かれたものが非常に多いという事実だ。それが20世紀以後も、そのまま歴史の真実として受け入れられているのだ。もちろん、そうしたカトリック教会の腐敗は事実であるものの、後世の歴史家が書いた書物は嘘や大げさが多く混じっており、20世紀の作家たちに”暗黒時代”のイメージを提供し、さらに読者たる我々が享受しているのである。

本書はどんな時代のことであっても、当時の文献を調べ、固定観念を取り払っていく研究の大切さを教えてくれる著作である。

初版 2021/04  平凡社/ソフトカバー

 

2021.04.11

書評<コーカサスの紛争 ゆれ動く国家と民族>

カスピ海と黒海に挟まれた山岳地帯、コーカサス。交易の結節点でもあるこの地域は地形的に分断していることから複数の民族が入り混じって国家、あるいは未承認国家を構成しているが、そのせいで紛争が絶えない。ロシアやトルコといった大国の支配地域でもあったことから、ソビエト連邦成立とその崩壊にも大きな影響を受け続けている。本書は地域研究の第一人者である著者がコーカサスの諸民族とその歴史を紹介しながら、その対立を、地域と民族に分解しながら解説、各地域の紛争の解決策を探っていく。

 

ソ連の崩壊以来、常に何らかの紛争を抱えているコーカサス地方。近年ではナゴロフ=カラバルを巡る、ドローンを多用した近代的な戦闘で話題になった。ソ連崩壊後に起こったチェチェン紛争の惨状もよく知られるところだろうが、実際にどんな地形の国に、どんな民族が住んでいて、どのような領域的対立や宗教的対立を抱えているかの全貌を知ることは簡単ではない。本書はそんなコーカサス地方の抱える紛争を詳細に解説していく。ソ連(ロシア)の弾圧や無差別テロなども多く起きた土地であることから、感情的な視点から語られることも多い同地域だが、本書はあくまでしっかりとした事実に基づいた記述や現地の世論調査による学術的な視点でコーカサスが解説されており、ある意味ドライな点が逆に信頼がおける。未承認国家の成立案件や国際慣習法に拠った紛争解決法の提示などは、他の複雑な民族居住地域の研究にも参考になるだろう。同地域を語るのに必須な一冊である。

初版2021/03    東洋書店新社

2021.03.22

書評<ドナウ川の類人猿: 1160万年前の化石が語る人類の起源>

我々ホモ・サピエンスの起源を巡っては、定説である「アフリカ起源説」に疑問を投げかける新化石の発掘は相次いでいる。本書が解説する「ドナウ川の類人猿」もその1つだ。近年発掘された謎の類人猿の化石と、1160万年前の地中海の気候を概説し、その発見の意味を問う。

ドナウ川近辺といえば肥沃な土地の一つであり、人類文明発祥の地の1つでもある。そこで発見された類人猿の化石に注目が集まるのも当然だろう。本書は地中海が気候変動によって干上がっていた「メッシニアン塩分危機」と呼ばれる時代に、ヨーロッパにもアフリカのサバンナに似た気候であったこととも合わせて、人類の起源がアフリカ単一ではなかったことを訴える。

しかしながら、本書全体としては「化石の時代測定方法」や「ホモサピエンスの発展への道」といった解説に多くのページが割かれ、本論の印象は薄い。本書で取り上げる「ドナウ川の類人猿」と同じ時代の化石発掘はアジアでも進んでおり、謎が多くなるばかりの「ホモサピエンスの起源」を無理やりヨーロッパに持ってくるのは少し無理があるであろう。いま一歩の著書である。

 

初版2020/11   青土社/ソフトカバー

«書評<アニメと戦争>

My Photo
September 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter


無料ブログはココログ