« December 2003 | Main | February 2004 »

書評<アメリカ特殊部隊 上・下>

アメリカ特殊部隊 Shadow Warriors
トム・クランシー/カール・スタイナー Tom Clancy/Carl Stiner
軍事情報小説家というよりも、もはや軍事に関する権威であるトム・クランシーが、アメリカの将軍にインタビューし、軍事作戦やアメリカ軍の実情について明かすシリーズの最新作。今回の共著のパートナーは、アメリカのパナマ侵攻作戦「ジャスト・コーズ」が敢行されたときに統合特殊戦軍団の司令官だったカール・スタイナー将軍である。といっても本書は特定の作戦に言及したものではなく、アメリカ特殊部隊の通史として読める。
特殊部隊のイメージとは、一般には屈強の戦士、ちょっと知識のある人なら不正規戦に対応する部隊といったところであろうか。しかし、戦場の前線深くに潜っての活動や破壊工作が特殊部隊の本分ではなく、むしろ他国の軍隊、あるいは友好的な勢力の兵士を訓練の実施など、部隊員本人は戦闘に関わらない部分の活動がメインとなることを本書は強調している。アメリカの特殊部隊の発祥がナチスドイツに対するレジスタンスの訓練や組織化を目的としていたことからもそのことが分かる。以来、特殊部隊の活動は普通の軍隊組織から離れていたこともあり、陸軍でその存在が軽んじられていた時期もある。しかし、歴史は次第に特殊部隊の不正規戦に対する能力を必要とし始め、アメリカ四軍から独立した軍団にまでなった。
本書はまだCIAがOSSと名乗っていた時代からの特殊部隊の活動を紹介、さらにスタイナー将軍が登場してからは表に出てくる活動だけではなく、軍内部での葛藤なども生々しく記されているのは「クランシー・将軍と語る」シリーズの共通点である。
本書はアメリカ特殊部隊の「正史」として書かれているので、特殊部隊の非公式な活動については意図的に隠されている。クランシーもそのことを隠していない。それでも、アメリカ特殊部隊の歴史と能力を正確に記されている良作だと思う。
このシリーズを通して感じるのは、湾岸戦争がアメリカにとって”理想の戦争”だったということである。空軍は各種の作戦参加機がいかんなくその能力を見せつけ、陸軍は機動機甲戦に圧倒的な勝利をおさめ、特殊部隊も戦後を含めてその能力を余すところなく生かした。だがその後の幾つかの作戦は成功よりもむしろ失敗が強調される傾向にある。クランシーは本書で「テロとの戦い方」について、いくつかの示唆もしているが、うまくことが運ぶか?兵器や作戦の優劣ではなかなか決着のつかない、軍事アナリスト泣かせの時代にクランシーがどんな作品を残すのか、要注目である。

初版2003/11 原書房/ハードカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<筑紫哲也「妄言」の研究>

筑紫哲也「妄言」の研究

さすが別冊宝島、2ちゃんねらーが読者ターゲットではないかというくらいピンポイントを突く企画本。
いうまでもなく筑紫哲也さんはTBSの看板番組のひとつ、NEWS23のメーンキャスターである。彼の番組を見ていると、おかしなことがたくさんあることに気づく。「サヨク的発言」はさておいとこう。それにしても、中国、北朝鮮に徹底的に媚びる報道。視聴者に一定の印象を与えようとするアンケート結果の編集の仕方。系列の毎日新聞の不祥事はスルー。そればかりか、「多事総論」なる筑紫さんの意見は二転三転する。大物政治家などゲストを招いても、その場では相槌を打ち、ゲストがいなくなったあとで独り言のように反論する。
本書はこうしたNEWS23のおかしさを分析し、筑紫さんが視聴者をどこに導こうとしているのか分析する本である。自分も結構NEWS23見てるのだが、こうして改めてみるとヒドいなあ、と思う。それにまた筑紫さんに同意ばかりするキャスターやコメンテーターが腹立たしさに油を注ぐ。本書はそうした人たちも紹介している。
そんなにハラが立つなら見なければいいじゃないかって?人のあげあしを取るのは楽しいもの。そんなひねくれた人にお勧めの本です。
※いちおう補足;2ちゃんねるとはネットの巨大掲示板。ありとあらゆる話題について議論が繰り返されている。筑紫さんは2ちゃんねらーの”主食”の一つ。ちなみに筑紫さんは2ちゃんねるのことを「便所の落書き」とのたまっています。

初版2004/01 宝島社/ムック(別冊宝島Real)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<社会党に騙された!>

社会党に騙された!
野村 旗守
昨年の衆議院選挙で惨敗し、もはや風前のともし火、社民党の終焉の記念として企画されたムック。
戦後の自民党55年体制の間、社会党は護憲・平和主義を掲げ、自民党のカウンターパートナーの役割を果たしてきた。”現実的な民主主義”(例;企業に対する利益誘導)路線を突っ走る自民党に対して、一見分かりやすいスローガンで一定の支持者を集めてきた。だが自民党が企業や官僚の代弁者であるように、社会党もまた労働組合などの団体の代弁者であり、利益を誘導してきた。そのことが我々市民のためであればよいが、そうではなかった実例は本書の中に見られる。
さらに自民党が国民に対し負担を強いる法案・制度に対し、社会党は反対の立場を常に取ることで国民の不満を吸収し、最終的には自民党と妥協することで利益を得てきた。いわゆる「国会対策」である。激しい国会論戦の裏で何が行われてきたかを本書は明かしている。
社会党は本来「社会民主主義」を掲げる政党であり、共産党とは一線を画す・・・はずなのに、左翼思想家が多くいたことが社会党の不幸、というか存在価値を減じていった。その昔、社会党が自民党と連立政権を組んだとき、村山は日和った、と思ったものだが、自衛隊の存在などそのときに認めた多くのことは、社会民主主義を掲げる政党ならば、本来は何の問題もなく認められるものであった。それを認めず、革命を夢見たことが今日の状態につながっている。ちなみに現在の党首もまた中核派とのつながりがあると思われる。
北朝鮮とのつながりは断罪されるべき重大な案件だが、それは一部に過ぎないことが本書を読めば分かる。
・・・なんか右翼の宣伝文書みたいになっちゃったな。つまり現在の日本が少しおかしいとすれば、自民党と同じくらい社会党も責任がある、ということが分かる本です。

初版2003/11 宝島社/ムック(別冊宝島Real)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<宇宙ロケットなるほど読本>

宇宙ロケットなるほど読本
阿施 光南
火星大接近や宇宙モノの食玩発売など、一部で「ロケットブーム」が起きている昨今、手ごろな入門書が発売された。本書はアメリカとソ連の宇宙開発の歴史を中心に、ロケットや宇宙往還機の発達の歴史について解説されている。子供向けの本のようなタイトルだし、ツボを心得た挿絵により分かりやすくロケットや有人宇宙船の構造が解説されているが、どうしてソ連が宇宙開発においてアメリカに先行したのか、スペースシャトルの経済的得失など、大人も感心させられるディープなネタも詰まっている。米ソの宇宙開発時代の様相などは特に興味をひかれるところだ。軽く読めて、深い知識(ウンチク)が得られる、お勧めの1冊である。

初版2003/12 山海堂/ソフトカバー

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« December 2003 | Main | February 2004 »