« 書評<アナハイム・ジャーナル> | Main | ココログ製作、一段落 »

RAH-66コマンチの開発中止される

rah6607.jpg
アメリカ陸軍の次期観測/攻撃ヘリコプターのRAH-66コマンチの開発中止をアメリカ陸軍が決定した。コマンチはすでに試験用実機も完成、試験を継続していた。
攻撃ヘリコプターは通常、索敵を行う観測ヘリ1機に4機が管制され、行動する。コマンチは現行のOH-58Dの後継として冷戦時代末期に開発が開始された。ヘリとしては初のステルス技術の適用機であり、またOH-58Dと比較して、本格的な”威力偵察”が行えるよう、武装も強化されていた。だが、そもそもがソ連との大規模な衝突を想定したヘリであり、LIC(低強度紛争)の時代にステルス技術などがオーバースペックになること、乗員2名のみであり汎用性に欠けることが指摘されていたのも事実。またAH-64Dロングボウ・アパッチの開発により、攻撃ヘリ自身が策敵能力を備えたことも開発中止の一因だろう。
それにしても、開発メーカーの中心であるボーイングはJSF(米空海軍共用次期戦闘機)選定にも敗北、空中給油機リース計画もスキャンダルにより計画中断、屋台骨の旅客機の販売実績もエアバスに抜かれるなど、いいニュースがまったくない。大丈夫かな?

|

« 書評<アナハイム・ジャーナル> | Main | ココログ製作、一段落 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RAH-66コマンチの開発中止される:

« 書評<アナハイム・ジャーナル> | Main | ココログ製作、一段落 »