« 鳥インフルエンザ感染拡大防止は災害派遣? | Main | カール・セーガン<核の冬> »

押井カントク作品の見方

押井守カントクの久々の新作「イノセンス」の前売りチケットを買ってきた。そんでもってブログサイト巡回をしてると押井カントクについてこんなコメントを見つけた。
うーん、押井カントクのテーマは20年来”虚構と現実”だと思ってたんだけど、そういう見方もあるのね。押井守が学生運動に参加していたことはファンなら知ってることだし、体制、というか東京嫌いであることも公言している。カントクが”革命そのもの”を描きたいのか、革命を”舞台装置”として使っていたのか。いろんな解釈ができるからカントクの映画はおもしろい。
今自分が迷っているのは、公開初日に見に行くべきか否かだ。人がいっぱいなのはヤだし、ガラガラだったらそれも悲しい。迷うなあ。

|

« 鳥インフルエンザ感染拡大防止は災害派遣? | Main | カール・セーガン<核の冬> »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/255608

Listed below are links to weblogs that reference 押井カントク作品の見方:

« 鳥インフルエンザ感染拡大防止は災害派遣? | Main | カール・セーガン<核の冬> »