« アメリカが中国の海軍力の増強を懸念 | Main | NATOが東欧7カ国の加盟を承認 »

書評<世界の傑作機 F-104J/DJ 栄光>

世界の傑作機№104
ロッキードF-104J/DJ ”栄光”
あとがきに「読者のみなさんは№104にF-104をもってきたとお考えでしょう」とあるんだけど、そんなの全然気づかなかった・・・にぶいなあ、オレ。
それはともかくとして、世界の傑作機の今号はロッキードF-104の航空自衛隊バージョン、F-104J/DJを紹介。その歴史については多くの航空雑誌のバックナンバーに掲載されているとの考えか、案外と少なめ。ハイライトはF-104Jのライセンス生産の記事。おそらく初出の工場内の写真とともに、F-104Jの生産の苦労が紹介されていて、三菱重工の社史の一部のような錯覚を覚えてしまった。その他、傑作ジェットエンジンであるJ79の解説も興味深く、多角的な面からF-104Jを知ることができる、貴重な1冊といえるだろう。

初版2004/03 文林堂/ムック

|

« アメリカが中国の海軍力の増強を懸念 | Main | NATOが東欧7カ国の加盟を承認 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/375253

Listed below are links to weblogs that reference 書評<世界の傑作機 F-104J/DJ 栄光>:

« アメリカが中国の海軍力の増強を懸念 | Main | NATOが東欧7カ国の加盟を承認 »