« レーダー探知機購入 | Main | イラクで武装勢力に日本人3人が拘束 »

書評<宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001>

宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001
笹本 祐一
スペースオペラを作品の中心とするSF作家・笹本裕一が自身で体験したロケットの打ち上げの模様を日記形式で綴っている。日本のH2およびH2A、アメリカのスペースシャトル、ヨーロッパのアリアン・ロケットの打ち上げについて収録している。
日記は著者が東京を出発するところから始まるのだが、それがいつも行き当たりばったりで、ロケット打ち上げの不安定さを強調している。基本的には一般報道陣と一緒に行動しているが、著者がかなりのメカフェチと思われ、ロケットの詳細にとどまらず、ロケットの整備工場や打ち上げ台のディテールまで事細かに説明されている。また、取材地が日本の種子島から南米のギアナまで及んでいるので、各国・各地で異なる打ち上げの様子の違いが面白い。
本書で強調されているのは、基本的にロケットがまだ熟成の進んでいない技術であること。自動車や航空機といったものと違い、ロケットは高額ゆえテストの回数が圧倒的に少ない。我々は様々な実用衛星の恩恵を受けているが、実質的に毎回の打ち上げが試験のようなもの。失敗もある程度は許容しなければこの分野での成功はありえない。本書はそうした宇宙開発の現実を知ることができる良作であると思う。

初版2002/01 朝日ソノラマ/単行本

|

« レーダー探知機購入 | Main | イラクで武装勢力に日本人3人が拘束 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/408844

Listed below are links to weblogs that reference 書評<宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001>:

« レーダー探知機購入 | Main | イラクで武装勢力に日本人3人が拘束 »