« 書評<宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001> | Main | 不定期連載 ミリタリーマニアの長き道のり④in1985 »

2004.04.09

イラクで武装勢力に日本人3人が拘束

イラクで武装勢力に日本人3人が拘束された。
一夜明けて状況が変わっていないようなので雑感を(いや、マジメに自作自演説を疑っていたので→クライン孝子の日記の4/9あたりを参照)。
まず、当然ながら自衛隊の即時撤退は論外。ここで1度でも引けばテロリストたちの横行を許すことになるだろう。小泉のメンツやアメリカとの関係の問題ではない。日本という国がテロに対しどう向き合うかの問題である。
それにしても、現地の民間人に手を出さざるをえなかったとは、日本国内やサマワの自衛隊の警備はうまくいってたということなんだろうか。
拘束された3人はいわゆるプロ市民の方々で、政府の退避勧告を無視してイラク入していた。そのおかげで2ちゃんねるあたりでは彼らに非難ごうごう。それでも関係なく救出に尽力することが民主主義国家の政府のやるべきことであろう。
最後に昨日の晩に思い出した言葉を書き出しておく。

「ここは引けない!ここで引いてみろ、一歩でも後退すれば限りない後退に続く。ここは引けない、引いてはならんのだ!」
「しかし、何もあんな跳ね上がりたちのために」
「彼らのためじゃない!デロイアは独立国家なのだ!主権をあくまでつらぬく!」
(「太陽の牙ダグラム」自治政府リーダー、カルメルのセリフより)

« 書評<宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001> | Main | 不定期連載 ミリタリーマニアの長き道のり④in1985 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イラクで武装勢力に日本人3人が拘束:

» [ニュース] イラクで日本人3人が反米武装勢力に拘束 [昨日の風はどんなのだっけ?]
とりあえず人質になっている連中は気にくわないとか、人命よりも大事なものがあるとか、人命は何よりも最優先されるべしとかいう議論の前に、まずとりあえずは目の前の人質... [Read More]

« 書評<宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001> | Main | 不定期連載 ミリタリーマニアの長き道のり④in1985 »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ