« 米ロボット会社、イラクでの自社製品の損失を祝う | Main | オレたちはバクスターに”プロサッカー”を教わった »

イラク日本人人質事件の人質は・・・

イラクで今だ拘束されたままの日本人の一人、今井くんは去年までウチの会社の得意先のお好み焼き屋(新札幌駅近辺)の常連だったらしい。今井くんは自分で箸を持ってくるエコロジストだったそうだ。分かりやすいなあ。

軍事研究04/05の特集は「陸自兵器の防弾力と対テロ特殊部隊」。今イラクに派遣されている陸自車輌だけでなく、陸自保有のヘリのパッシブな防御手段について解説されている。対戦車ヘリ部隊の観測ヘリ、OH-6Dにも乗員保護用の防弾版が装備されているというのは意外だった。その他、最新戦車の装甲や艦艇の装甲についても言及されている。
その他、一般ニュースでは”アントノフ輸送機”などと紹介され、「じゃあなにか、ボーイングの旅客機は全部ボーイング旅客機か!」とミリオタを激怒させているAn-124が紹介されている。
今号で不満なのはエバケン(江畑謙介)の記事が「シンガポールエアショー」についてだけなこと。ミリオタならもっとエバケンのレポートが読みたいと思うんだけどなあ。

|

« 米ロボット会社、イラクでの自社製品の損失を祝う | Main | オレたちはバクスターに”プロサッカー”を教わった »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イラク日本人人質事件の人質は・・・:

» 世界中に打電…誘拐効果No.1は日本 [或る荒川区民のつぶやき]
馬鹿が騒いで、国の評判を落とすというわけです。 『3邦人の誘拐は、世界的に報じられるなど、宣伝効果が極めて大きかった。イタリア人拘束は、この“成功体験”が... [Read More]

Tracked on 2004.04.15 01:02

« 米ロボット会社、イラクでの自社製品の損失を祝う | Main | オレたちはバクスターに”プロサッカー”を教わった »