« 書評<21世紀の特殊部隊> | Main | サッチャー元首相の息子、クーデター関与容疑で逮捕 »

書評<ハバナの男たち>

ハバナの男たち   HAVANA
スティーブン・ハンター  Stephen Hunter
スティーブン・ハンターの2年ぶりの新作はスワガー・サーガ第7弾となる。舞台は1950年代、巨悪が蠢くキューバ。地元議員の護衛としてキューバに赴いたアールは、社会主義革命前夜のアメリカ・ソ連両諜報組織と、ギャングたちの謀略に巻き込まれていく・・・。
今作はダンディズム溢れるアールの姿とガンアクションは少なめで、革命前夜の謀略の物語がメイン。そういう意味では<悪徳の都>に登場し、今作ではCIAの一員となっているフレンチーこそが主役と言えるだろう。また、CIAとKGBにおけるスマートな新世代のエリートと、第2次大戦を引きずる古強者たちの対立も物語を通してのテーマである。ここにアールから息子へのサーガの継承の萌芽が見え始めているように感じる。
1950年代は表のアメリカ史においては、ベトナムの挫折をまだ味わっていない黄金期であるが、裏ではギャングたちが民衆を腐らせていく暗黒の時代でもあった。アールの物語は良質なサスペンスとともに、そのことを教えてくれる一流のミステリーであることを再確認させてくれる作品である。

|

« 書評<21世紀の特殊部隊> | Main | サッチャー元首相の息子、クーデター関与容疑で逮捕 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/1258856

Listed below are links to weblogs that reference 書評<ハバナの男たち>:

« 書評<21世紀の特殊部隊> | Main | サッチャー元首相の息子、クーデター関与容疑で逮捕 »