« ブレア首相の強烈タックルでベルルスコーニ首相が左ひざ負傷 | Main | A.J.クィネル<燃える男>映画化される。 »

書評<底抜け合衆国>

底抜け合衆国
町山 智浩
映画評論を中心に様々なコラムを連載している著者が、2001年から2004年前半の間に様々な雑誌で書いたアメリカ関係のコラムをまとめたもの。<TVブロス>も<サイゾー>も定期購読している自分にとっては、既読のものも多かったが、TVや映画を通してアメリカのこの4年間の状況をよく捉えていると思う。アメリカの軍事戦略など高所から捉えた評論は数あれど、、ITバブルとその崩壊の真実、アメリカの中の過激派の実態など、「アメリカの街の様子」を知ることができる本は数少ない。マイケル・ムーアを持ち上げている通り、基本的に筆者の視点はリベラルで、公平とは言い難いが、アメリカがいかに多様な国であるか実感できるコラムではある。

初版2004/08 洋泉社/単行本

|

« ブレア首相の強烈タックルでベルルスコーニ首相が左ひざ負傷 | Main | A.J.クィネル<燃える男>映画化される。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/1325240

Listed below are links to weblogs that reference 書評<底抜け合衆国>:

« ブレア首相の強烈タックルでベルルスコーニ首相が左ひざ負傷 | Main | A.J.クィネル<燃える男>映画化される。 »