« <千歳基地航空祭に行ってきた>その3 | Main | 書評<日本式サッカー革命> »

2004.08.12

御巣鷹山

19年前のあの日、塾からチャリで帰ると(午後9時過ぎ)、家族はニュースに見入っていた。日航のジャンボが行方不明、おそらく墜落。「塾に言ってる場合じゃないぞ」と親父が言ったのを今でも覚えている。
生存者救出の生々しい映像。事故原因といわれるバラバラになった与圧隔壁。ブラックボックスに残された、垂直尾翼を失って迷走をする機を必死にコントロールする機長の音声「あー、これはダメかもしれない」。ベストセラー「沈まぬ太陽」に描かれた日本航空の遺族への対応。
ただの傍観者の自分でさえ19年の間に転々と残る記憶。遺族の想いはいかなるものか。傍観者はただ犠牲者の冥福を祈るのみ。

« <千歳基地航空祭に行ってきた>その3 | Main | 書評<日本式サッカー革命> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 御巣鷹山:

« <千歳基地航空祭に行ってきた>その3 | Main | 書評<日本式サッカー革命> »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ