« P-3Cが領海内で国籍不明の潜水艦を追尾 | Main | 国籍不明潜水艦、ADIZ外へ離脱 »

国籍不明の潜水艦の領海侵犯 続報なし

昨日の国籍不明の潜水艦の領海侵犯だが、どうやら中国の漢クラスの原潜と断定したらしいが、公式な続報はない。
どうもニュースから推測すると、種子島沖に遊弋中の潜水艦救難艦をオトリにして、海自とアメリカ海軍の共同訓練を偵察、ついでに領海に接近して海自の対応を探った、ということらしい。潜水したまま北上しているとのことなので、とりあえず原子力事故のセンはないみたいだ。一安心。
だが、海自もナメられたものである。こちとら冷戦時代はアメリカ海軍第7艦隊と共同とはいえ、かの極東ソ連軍の潜水艦部隊と対峙してきた経験があり、相手は1970年代に建造された騒々しい原潜だ。P-3Cのパトロール体制さえしっかりしていれば、逃すハズがない獲物である。
しかしながら、中国はトボけているみたいだし、潜水艦の音紋を公開するわけにもいかないし、日本政府は多分、何もできない(しない)。ここは海自の隊員さん、潜水艦が中国領海に入るまで、アクティブ・ソナー打つなりなんなりで思いっきり辱めてやってください。

追記;昨日の2ちゃんねるの関連スレの心温まるカキコ
  石破タンがいないと
  さびしいね

|

« P-3Cが領海内で国籍不明の潜水艦を追尾 | Main | 国籍不明潜水艦、ADIZ外へ離脱 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

この一連のニュース、不謹慎ですが割とドキドキして見ております。
質問なんですが、こういう場合、海上保安庁と海上自衛隊どっちにイニシアチブがあるんすかねぇ?
石破防衛庁長官もそういえばモデラーですねぇ。
作例みてみたいですねぇ。

Posted by: 男爵 | 2004.11.11 at 23:59

世にも珍しい「潜航している潜水艦の追尾の実況中継」ですからね。ドキドキもします(笑)。
領海警備ですが、平時なら海保の任務です。それが海保の手に負えないものが出現すると「海上警備行動」の発令となり、自衛隊に権限が移り、警告射撃などの実力行使ができるようになります。ここのところの国会で「サマワは非戦闘地域か」なんてことをやってますが、この法律も本来であいまいなものをを無理やり分けてしまった、悪法だと思います。
石破さん、最近ニュースでも見ることなくなったけど、それこそブログなんか始めたらおもしろいと思うのになあ。

Posted by: ウイングバック | 2004.11.12 at 14:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/1929261

Listed below are links to weblogs that reference 国籍不明の潜水艦の領海侵犯 続報なし:

» 「Blog Modelers(仮称)」活動企画第1段、決定! [Aviation Flash]
ブログ・モデラーの皆さん。 ついに、「Blog Modelers(仮称)」の具体的な企画が動き出します! 実はこの1ヵ月 [Read More]

Tracked on 2004.11.11 at 11:11

« P-3Cが領海内で国籍不明の潜水艦を追尾 | Main | 国籍不明潜水艦、ADIZ外へ離脱 »