« 米軍の秘密兵器は「ヘヴィ・メタ」 ファルージャ掃討 | Main | <プラ課長錦四郎>とはなんぞや? »

書評<亡国のイージス>

亡国のイージス
福井 晴敏
随分前の作品となるが、映画化が近いことと、BOOKOFFで文庫フェアをやっていたので読んでみる。
ストーリーに関しては初版発行が1999年ということもあり、TMDの説明にやや難があるが、ミリオタが揚げ足を取るような矛盾もなく、計算された伏線にも破綻はなく、一級のエンターテーメントに仕上がっている。”平和ボケの日本人”に対するメッセージも、古さを感じさせない。
自分が一番感じたのは、彼もまた「トミノの子」であるということ。自衛艦を奪取しての反逆、大量破壊兵器を用いての国家脅迫という”大状況”の根源には肉親の怨念、情念という”個人的状況”がある2重の作品構造は「伝説巨神イデオン」ほか富野カントク作品に多く見られる。こうした情念や思想が、エンターテーメントとしての作品には余計だ、という意見もあると思うが、同じく「トミノの子」である我々にこうした上質な作品を書いてもらいたい。
とりあえず、ノベライズだと思って読んでなかった月に繭 地には果実を読んでみよう。

初版1999/08   講談社/講談社文庫

|

« 米軍の秘密兵器は「ヘヴィ・メタ」 ファルージャ掃討 | Main | <プラ課長錦四郎>とはなんぞや? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<亡国のイージス>:

« 米軍の秘密兵器は「ヘヴィ・メタ」 ファルージャ掃討 | Main | <プラ課長錦四郎>とはなんぞや? »