« 書評<仁義なき英国タブロイド伝説> | Main | NHK政治介入問題、朝日がだんだん追い詰められてきた »

エアバスA380、実機初公開

欧州エアバスは18日、世界初の総2階建て超大型機「A380」を公開した。
大型旅客機で何がイヤかというと、搭乗時間が長いこと。札幌に転勤したばかりで旅客機に乗り慣れないころは「墜落したら後ろの方が生存率が高そう」ということで後方シート指定だったが、慣れてくるとなるべく前方のシートを購入するようになった。A380もこれだけデカいと、とんでもない搭乗時間になりそうだ。もちろん、”2階”にもドアはあるが、これを利用しようとすると空港設備の改修が必要で、多くの空港がそれを実施しなければならないほどA380をエアライン各社が採用するか?航空需要の予想は難しい。バブルの前後に散々宣伝されたコミュータはさほど普及しなかったし、関西国際空港の開港の祭に話題に上った”ハブ空港”という考え方も、機材の発達によって直行便が増加し、あまり言われなくなった。
旅客機としてのA380よりも、貨物機としてのA380の方が魅力的かも。既にフェデックスが採用を決めているし、搭載量は150tだ。なんだかいろんなことに使えそうだ。

|

« 書評<仁義なき英国タブロイド伝説> | Main | NHK政治介入問題、朝日がだんだん追い詰められてきた »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/2630459

Listed below are links to weblogs that reference エアバスA380、実機初公開:

« 書評<仁義なき英国タブロイド伝説> | Main | NHK政治介入問題、朝日がだんだん追い詰められてきた »