« アメリカ軍のトランスフォーメーションは正しいのか | Main | 書評<国防> »

2005.01.31

スーパーホーネットが空母着艦に失敗、水没

房総半島沖で29日、キティホークへの着艦訓練をしていた戦闘攻撃機F/A-18Fスーパーホーネットが着艦に失敗し、海中に水没していたことが分かった。甲板作業員6人が重軽傷を負い、パイロットは脱出した。
昨年から配備の始まったばかりの新鋭機の損失だが、どうも空母の制動ワイヤの方に問題があったようだ。このワイヤ、200kmで飛んでくる30tの飛行機を止めなければならないので、ぶっといのを油圧でテンションかけてるわけで、相当な破壊力を持っていることは容易に想像できる。よく被害がその程度で済んだものだ。
あー、それにしても、この損失はイタイなあ。

« アメリカ軍のトランスフォーメーションは正しいのか | Main | 書評<国防> »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スーパーホーネットが空母着艦に失敗、水没:

« アメリカ軍のトランスフォーメーションは正しいのか | Main | 書評<国防> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ