« 書評<黒いスイス> | Main | 無差別爆撃は有効だったのか »

「イラン原発にミサイル攻撃」国営放送の誤報で大騒ぎ

イラン国営放送が、同国初の原子力発電所の建設が進む南部ブシェール州が国籍不明の航空機によるミサイル攻撃を受けたと報じ、「イスラエルが核施設を空爆か」と大騒ぎになった。
PLOのアラファト議長が死去して以来、ちょっと沈静化している中東(イラク除く)。それがまさに1回の攻撃で崩されちゃうわけだけら、そりゃ大騒ぎにもなるわな。イスラエルには前科があるし。近年導入したF-15Iストライク・イーグルは、こうした敵国の奥深くへの侵入攻撃にうってつけの機体でもあるし。
まあしかし、「イスラエルがやらなくても、アメリカがいずれやってくれるだろう」ってのがイスラエル首脳部の本音ではないだろうか。

|

« 書評<黒いスイス> | Main | 無差別爆撃は有効だったのか »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/2973155

Listed below are links to weblogs that reference 「イラン原発にミサイル攻撃」国営放送の誤報で大騒ぎ:

» デジャブからカタストロフへ [Wein, Weib und Gesang]
鳥のことに現を抜かしている内に、京都議定書が発効された。エネルギー供給や冷害の歴史を見ていると、この議定書がもたらす実質効果よりも誓いのような意義を持つものであ... [Read More]

Tracked on 2005.02.19 at 06:59

« 書評<黒いスイス> | Main | 無差別爆撃は有効だったのか »