« 厚木のCVW-5が岩国基地に移転か? | Main | モブログ・テスト »

書評<オタクの遺伝子>

オタクの遺伝子
稲葉 振一郎
大きく”オタク”と括っているが、実質的にSFマンガ家、長谷川裕一とその作品の研究書である。
本書は著書による長谷川裕一氏本人のロング・インタビューと、作品解説・批評からなる。ロングインタビューでは長谷川祐一氏本人がSFファンでもあることから、長谷川氏の読書歴や作品を通して、日本におけるSFの歴史を辿ることに成功している。また長谷川氏と富野カントクの共同作品である「クロスボーン・ガンダム」を描く際の監督とのやり取りなどは非常に興味深い。また、作品批評では長谷川氏の作品を通して、日本におけるSFとは何かを、宮崎駿監督の作品との比較などを通して検討している。
自分は「マップス」と「クロスボーン・ガンダム」しか目を通したことがないので、本書購入後にBOOKOFFなどに関連書籍を漁りに行ってみたが、意外と少ない。ということは、思い入れのある人が保管している場合が多いんだろうな。世間一般からすればマイナーなマンガ家の研究本が成立することに驚いたのだが、ちょっと納得した。

|

« 厚木のCVW-5が岩国基地に移転か? | Main | モブログ・テスト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/3223195

Listed below are links to weblogs that reference 書評<オタクの遺伝子>:

» SF論『オタクの遺伝子』(太田出版) [松重昏迷閘門]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3223195 にトラックバック 先週は正文館書店知立八田店でいろいろ... [Read More]

Tracked on 2005.03.12 at 07:37

« 厚木のCVW-5が岩国基地に移転か? | Main | モブログ・テスト »