« 書評<風の谷のナウシカ> | Main | リアル<スコープドッグ>現れる »

<日本オタク文化の影響>

ジェイムス・H・コッブという作家がアメリカにいる。良質な軍事シュミレーションを書く作家だ。
2ちゃんねるをチェックしていて初めて意識したのだが、コッブの最新作「攻撃目標を殲滅せよ」の冒頭のメッセージとして、「カワモリ・ショウジ、ミキモト・ハルヒコ、ハヤセ・ミサに捧ぐ」とある。分かる人には分かるとおり、これらの名は「超時空要塞マクロス」に関わる作家、あるいは登場人物の名である。
いや、オタク文化が輸出されているなんて、半分はハッタリだと思ってたけどしっかり他国のエンターテイメントにも影響を与えているようだ。願わくばその作品のメッセージまで伝わることを祈る。
(保存用に別ページ過去ログから転記・2003/05)

|

« 書評<風の谷のナウシカ> | Main | リアル<スコープドッグ>現れる »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/3563314

Listed below are links to weblogs that reference <日本オタク文化の影響>:

» 萌える、安息日!
メイドさん喫茶&放置ブログについて…
[Art Grey]
メイドさん喫茶とか、放置ログとかについて…だらだら安息日ログ♪ [Read More]

Tracked on 2005.04.19 at 05:26

« 書評<風の谷のナウシカ> | Main | リアル<スコープドッグ>現れる »