« 長野県松本市長、自衛隊記念行事での子供の武器接触自粛を申し入れ | Main | アニメ:モリゾーとキッコロ »

空自のスクランブル、冷戦後で最低に 対中国は増加

航空自衛隊は領空への接近に対する緊急発進(スクランブル)の04年度の実施状況を発表した。発進件数は141回で、前年度より17回減り、冷戦終結後では最も少なかった。
それでも141回もあるのか、いうのが正直な感想。ロシア空軍も活動が低下しているとはいえ、定期的にADIZ(防空識別圏)に近づき、ESM(電子情報収集)など情報収集をなお続行中、というわけだ。天然資源の輸出、それを行う会社の国有化で立ち直りつつあるロシアも、ナメちゃーだめだな。
注目は記事中にもあるように、13回と数は少ないが急増している中国。まともに空中給油機を運用できるようになったら、尖閣諸島あたりにプレッシャーかけにきてもなんの不思議もない。那覇へのF-15Jイーグルの配備、急いだ方がやっぱりいいと思う。

|

« 長野県松本市長、自衛隊記念行事での子供の武器接触自粛を申し入れ | Main | アニメ:モリゾーとキッコロ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 空自のスクランブル、冷戦後で最低に 対中国は増加:

« 長野県松本市長、自衛隊記念行事での子供の武器接触自粛を申し入れ | Main | アニメ:モリゾーとキッコロ »