« F-15J Day5th | Main | ゴールの判定に新たな武器 »

空自に新輸送団 大規模改編

防衛庁は、平成21年度から大規模な航空自衛隊の組織改編を実施する方針を固めた。
要点としては、
①航空輸送集団の新設
②南西混成団の強化と方面隊の境界をなくした柔軟な運用
ということになろうか。
航空輸送集団の新設は遅すぎるぐらいでしょう。これだけ海外派遣が常態化すると、今だにC-130だけで運用してるのが不思議なぐらい。次期防の間には国産の新輸送機(C-2?)と空中給油機が導入されるわけだけど、やはりC-17クラスの重量物が運搬できる大型機が必要だと思うのだが。いつまでも”アントノフ輸送機”をレンタルするわけにもいかないでしょう。
南西混成団の強化も妥当な線ですかね。那覇にF-15Jの配備が予定されているわけだけど、島嶼部防衛を考えるなら、陸自を支援できる支援戦闘機が必要でしょう。そう考えると、AAM-4などBVR(視程外発射)空対空ミサイル装備ができるよう改良されることを前提として、F-2配備の方がむしろいいのかも。
南西混成団がらみでニュースを拾うと、専門家の人は嘉手納のF-15Cは撤退が既定の事実にしている人が多いのだが、確定なのかな?そこらへんも気になるところだ。

|

« F-15J Day5th | Main | ゴールの判定に新たな武器 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 空自に新輸送団 大規模改編:

« F-15J Day5th | Main | ゴールの判定に新たな武器 »