« 群馬の企業が乗用ロボットを開発 | Main | JR西日本の社長を罵倒した記者の名前が判明 »

イラクで民間軍事会社所属の日本人が拘束される。

イラクで、PMF(民間軍事請負会社)のハート・セキュリティに所属する日本人、斎藤昭彦氏が武装勢力に襲撃され、拘束された。斎藤氏は重傷を負っているとみられる。
斎藤氏は習志野の空挺団からフランスの外人部隊に20年いたという経歴の持ち主。こういってはなんだが、小説の主人公のような人である。さらにPMF所属ということで事情は複雑だ。日本政府はともかくとして、ハート・セキュリティ・ハートがあるイギリス、契約者であるアメリカ。なんらかの要求があった場合、誰がどう対応するのか。調整が難しそうだ。とにかく、無事であることをまず祈る。
PMFについて知りたい方は「戦争請負会社」が詳しいです。

追記;報ステで、解説のゲストの先生はちゃんとPMC(民間軍事会社)と言ってるのに、なんで”警備会社”で通してるんだ?協定でもあるんだろうか。視聴者に実態が伝わらないだろうに。

|

« 群馬の企業が乗用ロボットを開発 | Main | JR西日本の社長を罵倒した記者の名前が判明 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/4070397

Listed below are links to weblogs that reference イラクで民間軍事会社所属の日本人が拘束される。:

« 群馬の企業が乗用ロボットを開発 | Main | JR西日本の社長を罵倒した記者の名前が判明 »