« F4D-1 Day2nd | Main | 書評<出禁上等!・超出禁上等!> »

A.J.クィネル氏、死去

イギリスの冒険作家、A.J.クィネル氏が亡くなった。
クィネル氏は、新作のチェックは必ずする作家の一人でした。
クィネル氏は「燃える男」に代表されるように”情念の作家”でした。傭兵の物語、あるいはエスピオナージでありながら、人間の感情の激しさを描き出す。
個人的にはクィネル氏の書く”男の再起”にシビレました。「燃える男」では戦場を渡り歩き、疲れ果てた傭兵が純真な少女と友情溢れる仲間たちの援助により、生きる力を取り戻していく。「スナップ・ショット」では、世捨て人になった元スパイが、隠遁生活を送る村の人たちとの交流によって、人間らしさを取り戻していく。主人公の描写は抑え目にし、周囲に魅力的な脇役を配することによって物語を際立たせる。何度も読み返したものです。
しかし、亡くなったのが作品で何度も舞台となったマルタとは、カッコよすぎです。
合掌。

|

« F4D-1 Day2nd | Main | 書評<出禁上等!・超出禁上等!> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/5067647

Listed below are links to weblogs that reference A.J.クィネル氏、死去:

« F4D-1 Day2nd | Main | 書評<出禁上等!・超出禁上等!> »