« A.J.クィネル氏、死去 | Main | F4D-1 Day3rd »

書評<出禁上等!・超出禁上等!>

出禁上等!
超出禁上等!   ゲッツ板谷
西原理恵子の書く漫画がスキでした。というか、その”権威”に歯向かっていく姿勢がスキでした。「恨ミシュラン」などは最たる例です。
その西原理恵子がこちら方面へ移行しつつある昨今、その代わりにトツゲキを続けているのが西原の盟友、ゲッツ板谷でしょう。この2冊でも、クラッシク・コンサートからサンリオ・ピューロランドまで、およそ独身男が行きそうにないスポット・イベントなどにトツゲキ、「ヤンキー上がりだけど、それなりに大人になった男」の目線でリポートする。メジャーなものは愛することができない、そんな人向けです。

<出禁上等!> 初版2004/09
<超出禁上等!> 初版2005/07    扶桑社

|

« A.J.クィネル氏、死去 | Main | F4D-1 Day3rd »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/5079735

Listed below are links to weblogs that reference 書評<出禁上等!・超出禁上等!>:

« A.J.クィネル氏、死去 | Main | F4D-1 Day3rd »