« ”嫌にナルホド砂漠トーネード祭り”1番乗りだ! | Main | 最近おもしろかったサイト 050730 »

書評<タイ怪人紀行>

タイ怪人紀行
ベトナム怪人紀行
インド怪人紀行    ゲッツ板谷
先日、ゲッツ板谷の<出禁上等>を紹介したところ、他の著作もおもしろいぜ!という連絡をもらったので、文庫になっている分から読んでみた。その中から、アジアを彷徨い歩いた3部作を紹介。
3部作の中で、常に一緒だったのは、西原理恵子の元ダンナ、フォトジャーナリストの鴨志田氏。彼とのコンビで、バンコクやホーチミンといったメジャーどころから、日本の一般的な観光客は足を踏み入れないマイナーな場所まで、まさに”突撃”していく。テーマは、でたらめでしたたかな各国の人たちに”負けない”こと。だが、怖いものなしに見える著者でさえ、翻弄される。それをあるときはギャグとして消化し、あるときは真剣に現地の状況を捉える。そのバランスが絶妙である。
現地とそこに暮らす人々だけではなく、それぞれの旅の同行者との関係もまた、本書の読みどころであろう。タイ→ベトナム→インドと新しいたびほど、同行者の記述が濃くなる。西原のマンガで見るといつまでもハチャメチャな著者であるが、そのスタンスが変化しつつあることが読み取れる。
西原は”カモちゃん”こと鴨志田氏と離婚してしまったが、またゲッツ・カモちゃん・西原のトリオでの旅行話が読みたいものだ。

初版2002/07~    角川書店/角川文庫

|

« ”嫌にナルホド砂漠トーネード祭り”1番乗りだ! | Main | 最近おもしろかったサイト 050730 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/5217773

Listed below are links to weblogs that reference 書評<タイ怪人紀行>:

« ”嫌にナルホド砂漠トーネード祭り”1番乗りだ! | Main | 最近おもしろかったサイト 050730 »