« F7U-3 Day5th | Main | 韓国初の国産超音速機練習機T-50ロールアウト »

書評<国際テロ>

国際テロ 上・下
トム・クランシー

ジャック・ライアンは大統領引退後、対テロ・ブランチとして、1つの秘密組織を残した。<ザ・キャンパス>と呼ばれるそれはCIAやNSA、あるいは軍ではできないテロリストの”個別排除”が目的であった。その組織をジャック・ジュニアが父に無断で訪れるところから、物語がはじまっていく。

5~6年前のクランシーの新作なら、睡眠時間を削って4~5日でとりあえずは読了したものだが、発売から読了まで1ヶ月かかっているところからして、かつての読み込ませる設定や物語が薄くなっている証左だと思う。今やクランシー得意のハイテクは兵器などのいわゆるハードから、ネットワークやソフトに移っているし、テロリストたちもまた強固な意志の固まりではなく、正体がまったく見えないほど拡散している。ゆえに物語のキーとなるテクノロジーはあまりに身近なEメールだし、敵が拡散しているがゆえ、クランシーの小説のハイライトである”敵を一気に葬り去る爽快感”に欠ける。
ジャック・ジュニアが思ったほど活躍しないし、大ボスは名前が出てくるだけなので、”ジャック・ジュニア・サーガ”の前振りともいえる位置づけになるのだろうが、もうちょっとがんばってほしかった。

初版2005/07 新潮文庫/文庫

|

« F7U-3 Day5th | Main | 韓国初の国産超音速機練習機T-50ロールアウト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/5690392

Listed below are links to weblogs that reference 書評<国際テロ>:

« F7U-3 Day5th | Main | 韓国初の国産超音速機練習機T-50ロールアウト »