« 2005年衆議院選挙についての雑感 | Main | 奴隷の平和と、無防備地域宣言と »

2005.09.13

<エアバスA380開発の舞台裏>を見た

録画しといたNHKスペシャル<巨大旅客機誕生・エアバスA380開発の舞台裏>をようやく見た。
A380に使われる炭素繊維のクロスビーム、薄く複雑なアルミの主翼リブを造り上げる工作機械。対するライバル、ボーイング787の複合材料製の主翼。これら全て日本企業の技術ということで、基本的には技術立国日本バンザイという番組。ああ、ここはもうプラットかR&Rを買収してエンジンさえ何とかなれば、日本でもエアライナーが造れるかも、と妄想しそうだった。分かってます。それぞれの技術をインテグレーテッドして、1つにまとめ上げることこそが現在の最高テクノロジーなんすよね。それをボーイングとエアバスだけが保持している。
それと、三菱重工の名古屋航空宇宙システム製作所が787の主翼製作なんていう大きな仕事をボーイングからもらってるのは、空自のFXはライセンス国産じゃなく、完全輸入のF/A-22ラプターでいいだろ、というアメリカ航空業界のメッセージなのだろうか?分かってます。ちょっと妄想を書いてみただけです。

« 2005年衆議院選挙についての雑感 | Main | 奴隷の平和と、無防備地域宣言と »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

俺も見ました。
胴体をぐりょんぐりょん回す機械とカーボンファイバーを出す機械が織りなす技に酔いしれました。
HONDA JETってどうなったんですかね。

>kala-pattarさん
こんばんは。
カーボンファイバー、凄かったですねえ。三菱F-2の全複合材主翼の桁を見たのは初めてで、意外に貴重な映像でした。
HONDA JET、徹底した軽量化で差別化をはかるようですが、デルタやノースウエストが倒産する昨今、ビズジェットの分野も予測が難しいですね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference <エアバスA380開発の舞台裏>を見た:

« 2005年衆議院選挙についての雑感 | Main | 奴隷の平和と、無防備地域宣言と »

My Photo
November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter


無料ブログはココログ