« 警察、自衛隊が初の共同実動訓練実施 | Main | 日本政府、高速輸送艦の導入をアメリカ政府に通達 »

NASAが月面にチタン鉄鉱の存在の可能性を発表

NASAは、月面に比較的容易に酸素を分離できる「イルメナイト(チタン鉄鉱)」が豊富に存在する可能性があると発表した。ハッブル宇宙望遠鏡による紫外線観測で判明した。建設予定の有人月面基地やロケット燃料などへの利用が考えられ、将来の有人月面探査の弾みになると期待している。

え?月面の豊富なチタンの存在って、確認されていた事実じゃなかったの?酸素や水をそこから取り出して、チタンを精製し、さらにそれを無重力環境を利用し加工して「ガンダリウム合金」を造るのって、もはや”確実な未来”だと思ってた。ヤラれてるなー、オレも(笑)。

|

« 警察、自衛隊が初の共同実動訓練実施 | Main | 日本政府、高速輸送艦の導入をアメリカ政府に通達 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NASAが月面にチタン鉄鉱の存在の可能性を発表:

» 月面基地でも酸素は安心? 米、探査再開へ鉱物観測 [セエレのコッソリブログ?]
米国が2018年に有人探査再開を計画している月の表面に、酸素の供給源になるチタン鉄鉱が広く分布している可能性があることが、米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡の観測で19日明らかになりました。  NASAは月面基地に宇宙飛行士を滞在させ、将来の火星探... [Read More]

Tracked on 2005.10.21 18:31

« 警察、自衛隊が初の共同実動訓練実施 | Main | 日本政府、高速輸送艦の導入をアメリカ政府に通達 »