« DFW T28 Day3rd | Main | 最近おもしろかったマンガ 051101 »

2005.10.31

書評<ジーニアス・ファクトリー>

ジーニアス・ファクトリー   THE GENIUS FACTORY
ディヴィッド・プロッツ David Plotz
遺伝学を歪んで理解すると1つの極論に行き着く。それが<優生学>である。優れた遺伝子からは優れた子が生まれるはずだ。それがしいては人類の発展を促すはず。そんな壮大な妄想をもとに設立されたのが「ノーベル賞受賞者精子バンク」である。それは「レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス」と名づけられ、閉鎖されるまで200人の人口受精によるバンク・ベイビーを誕生させた。本書はこの精子バンクに関わった生死のドナー、母親たち、そしてその子供たちを追ったドキュメンタリーである。
本書は<優生学>の愚かしさや精子バンクの正確な記録というよりも、精子バンクに関わった人物たちの個人史の積み重ねである。「レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス」の謳い文句であったはずの優秀な精子ドナーからして”幻”であった。ではドナーはどのような人物がいたのか。母親たちにはどんな傾向があったのか。そして子供たちはどのように育っているのか。決して退屈な科学書ではなく、家族と血の繋がりを再考させる物語となっている。
生物がわざわざ減数分裂までして生殖するのは、生き残るための多様性を確保するためである。ゆえに、遺伝子もなんのコントロールもなく、偶然に発現する。まして、人間の場合は環境や教育に大きく左右される。それでも、”確率”を高めるために大枚をはたくのか。アメリカは少なくとも、大枚をはたく方向に向かっているようである。本書はそういった傾向に再考を促す書になっているといえる。

初版2005/10 早川書房/ハードカバー

« DFW T28 Day3rd | Main | 最近おもしろかったマンガ 051101 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<ジーニアス・ファクトリー>:

« DFW T28 Day3rd | Main | 最近おもしろかったマンガ 051101 »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ