« 小牧基地でT-1が引退飛行 | Main | グローバルホークが防空識別圏を飛行 »

2006.03.04

OneAfternoonModelling<RLM23編>

toyさんに悩んでいたレッドのことを親切に教わったからには、さっそく実践しなければなるまい。というわけで、エデュアルド1/72フォッカーDr.1を午後から組みました。
2006_0304fokker0001
エースといえばVF-96の”デューク”カニンガムだろ、というジェット機専門の自分も知っている、全面レッドのリヒトホーフェン乗機。”シャア専用”の元ネタっすね。キットには何の問題もなし。こだわればキリがないんでしょうが、胴体のパーティングラインを消した以外はノン加工。
2006_0304fokker0006
塗装はクレオスのRLM23をそのまま吹きつけ。正直な話、このレッドの存在をまったく失念してました。味のある赤です。ウォッシングでシャドーを軽くつけて、デカールを貼って一応カタチに。あ、中央の張り線だけは後で張っときます。

ここまで要した時間は約4時間。マイスターのようには行きませんでしたが、体調が下降気味の昨今、”燃える赤”の完成品はいい気分転換になりました。でも、あんまり夢中になってて、Zガンダム第3部の公開初日なのをスッカリ忘れてた(笑)。

« 小牧基地でT-1が引退飛行 | Main | グローバルホークが防空識別圏を飛行 »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

rlm23がやってきました。
こっくりした赤が綺麗ですね。
パーティングラインを消しただけとは
思えぬくらいいい感じです。
キットの素性も良いのでしょうね。
ワンコインでこの仕上がり、エデュアルドも
やるものですね。

>パールさん
いらっしゃいませ。
あんまり深く考えずにプーっと吹いたほうがキレイだった、という見本です。
キットのデキはバツグンです。これが一応チェコからの輸入品なのですから、たいしたものです。

い、いつの間に!
いいですねえ、さっくりモデリング…。
模型制作の原点をみたような気がしますよ。
次も、この調子でさっくりいってみてください!

>kazuさん
こんばんは。
凝るのもいいですが、たまにはこんなモデリングも良いのではないかと。
最近ちょっと手が止まり気味だったので、テンション上げていきます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference OneAfternoonModelling<RLM23編>:

« 小牧基地でT-1が引退飛行 | Main | グローバルホークが防空識別圏を飛行 »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ