« 世界の詳細な衛星データが公開される | Main | オーストラリア空軍のF-111が北朝鮮の麻薬密輸船を”撃沈” »

2006.03.23

書評<眼の誕生>

眼の誕生  In The Blink of an Eye
アンドリュー・パーカー  ANDREW PARKER
稀代の進化論学者、故グールド博士は”カンブリア紀の大爆発”と称される生物の大量発生の研究により、進化は偶然の産物であること、また爆発的な進化と小規模な進化が繰り返される「漸進平衝説」を唱えた。では、なぜカンブリア紀の大爆発は起きたのか?グールドの著書「ワンダフル・ライフ」にはいくつかの説があげられているだけであった。本書はこの疑問に真正面から取り組んだものである。
本書の結論は実に単純である。「眼」の誕生により、生物の”追いつ追われつ”の時代が始まった。この場合の「眼」は光に対し単純に反応するものではなく、明確なイメージとして捉えられるものである。食べられる立場にあるものは防備を固めるためにトゲを備え、あるものは環境に隠れるように進化した。食べる立場にあるものは獲物の捕獲率をあげるため、それを砕くために顎を発達させたり、触手を備えることになった。それがさらに・・・という具合に、飛躍的に生物が様々な形態に進化する要因となったのが「眼」であるとする。もちろん、結論を証明するため事実を積み重ねるのが科学である。本書はそもそも光とは何か、現生動物の光受容器はどんな構造をしているかから話をはじめ、地球上に存在する化石に残される眼の痕跡の研究により、何が読み取れるのかを解き明かしていく。
本書の結論が正しいとすると、次に来るのは「では、なぜ眼は誕生したのか」という当然の疑問であるが、本書ではいくつかの仮説を紹介し、結論までに至っていない。仮説の中には銀河系の星雲としての動きにまで話が及んでいる。その証明は必ず、著者あるいは他の研究者がしてくれるに違いない。これだから進化論は面白い。

初版2006/03   草思社/ハードカバー

« 世界の詳細な衛星データが公開される | Main | オーストラリア空軍のF-111が北朝鮮の麻薬密輸船を”撃沈” »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<眼の誕生>:

« 世界の詳細な衛星データが公開される | Main | オーストラリア空軍のF-111が北朝鮮の麻薬密輸船を”撃沈” »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ