« 本日の小ネタ 060314 | Main | 書評<陰謀の世界史> »

2006.03.15

書評<勝つために戦え!>

勝つために戦え!
押井 守
押井カントクが演出家の野田真外氏と対談形式で”勝敗”に関する持論を語っている本。ProductionIGなど連載されたもの。
テーマはサッカーやニート、あるいは民主主義や戦争と幅広い。もちろん、最後には映画の話に行き着く。そのなかで”勝敗”を決めるものは何?誰?どんな時?を語っていく。知ってる人は知ってるんでしょうが、カントク、サッカー意外と詳しく、サッカーを”勝敗論”のメタファーに使うことが文量としては多いかも。完全にカントクの価値観を断定口調で語られるので、まったく同意することやら、ちょっと納得できないこととかいろいろ。一貫して言えるのは、カントクのごとく自分自身が絶対に信じる1本の線を持つこと、でしょうか。ジブリを”クレムリン”とか言えるのは、それを持ってるカントクだけってことです。
それと、西尾鉄也氏のイラストもイイ味出してます。カントクの廻りのスタッフの”困った感じ”がよく出ています。

初版2006/03   エンターブレイン/単行本

« 本日の小ネタ 060314 | Main | 書評<陰謀の世界史> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<勝つために戦え!>:

« 本日の小ネタ 060314 | Main | 書評<陰謀の世界史> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ