« ココログ、まる1日以上の障害から復旧 | Main | 三菱F-1が退役 »

2006.03.11

書評<俺が近所の公園でリフティングしていたら>

俺が近所の公園でリフティングしていたら
矢田 容生
まだ無名の高校サッカー選手の樋口。彼が近所の公園でリフティングしていると、2人の女の子にボールをかっさらわられてしまう。現日本代表をも翻弄する女子選手、モニカとの出会いだった。モニカとの出会いにより、樋口はプレイヤーとして急成長を遂げ、ユース代表にも選抜される。だがワールドユースから帰国した樋口を待っていたのは、大きな挫折だった。

2ちゃんねるのサッカースレに”連載”された、青春サッカー小説。著者の”夢”がダイレクトに伝わってくる、良作である。物語のスタートはトリッキーだが、それ以後は徹頭徹尾、主人公の成長物語である。登場するプレイヤーたちもほぼ実名なので、サッカー小説としてポジショニングやテクニックなども分かりやすい。
モニカとの出会いにより成長し、挫折し、再び立ち上がる樋口の姿は、作者自身が”なりたいプレーヤー”そのものであろう。

初版2006/03 小学館/単行本

« ココログ、まる1日以上の障害から復旧 | Main | 三菱F-1が退役 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<俺が近所の公園でリフティングしていたら>:

« ココログ、まる1日以上の障害から復旧 | Main | 三菱F-1が退役 »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ