« 内紛のJAL、新社長らの正式人事決定 | Main | 小牧基地でT-1が引退飛行 »

永田議員、メールを偽物と認める

民主党の永田議員は2日、ライブドア事件をめぐる「送金メール」問題について、記者会見し、「すべて先入観と思い込みに基づくもので、メールは本物ではない」と述べ、「偽メール」だったと初めて認めた。

”陰謀論”と呼ばれる考え方のキモは「すべては繋がっている」と考えがちなことである。テレ朝の<TVタックル>でよく見かける、同じく民主党の原口議員も”闇の組織”がどうとか言ってるし、その”先入観”が民主主義国家の代表である国会議員に相応しいものとは思えない。具体的な”闇の組織”があるとしたならば、現与党や内閣は逆にあまりにも、ツッコむスキがありすぎるのではないかと自分は考える。疑うべきなのは”闇の組織”や陰謀自体ではなく、”闇の組織”や陰謀にまつわる情報そのものではないか?
陰謀論ダイスキな自分としては、教訓がたくさんある今回の騒動であった。

|

« 内紛のJAL、新社長らの正式人事決定 | Main | 小牧基地でT-1が引退飛行 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 永田議員、メールを偽物と認める:

» 永田議員偽電子メール問題 [woody経済新聞]
 昨日、民主党の永田寿康議員が自民党にとてつもない爆弾を投げつけた。ライブドア前社長の堀江貴文被告が武部勤自民党幹事長の次男に選挙コンサルティング料を振り込むように指示したメールを、永田議員が衆議院予算委員会で公表した。これについて、小泉首相が「ガセネタだ」と言ったり、当人である武部幹事長が真っ向から否定するなど泥仕合の様相を呈してきた。大体自分自身は、野党が自民党の総選挙時にホリエモンを応援したことを批判している件については、多少おかしいと思っている。ホリエモンが粉飾決算をしていることを承知で応援... [Read More]

Tracked on 2006.03.03 08:25

» 永田君、決闘しよう [翻訳blog]
 19世紀前半までのイギリスだったら、今回のような問題はどうなっていただろうか? [Read More]

Tracked on 2006.03.03 12:07

» 永田君、決闘しよう [翻訳blog]
 19世紀前半までのイギリスだったら、今回のような問題はどうなっていただろうか? [Read More]

Tracked on 2006.03.03 12:08

« 内紛のJAL、新社長らの正式人事決定 | Main | 小牧基地でT-1が引退飛行 »