« 永田議員、メールを偽物と認める | Main | OneAfternoonModelling<RLM23編> »

小牧基地でT-1が引退飛行

国産初の実用ジェット練習機T-1の引退記念飛行が3日、空自小牧基地で行われ、1958年の初飛行以来、約半世紀の活躍の幕を閉じた。
戦後の航空禁止期間を乗り越え、開発されたT-1。スムーズな飛行特性から、海外からも引き合いがあったという。そのT-1もついに引退。2006年は空自にとって世代交代の年なんだなあと、つくづく思う。

最後に、2ちゃんの当該スレに引用されていた、アクロバットパイロットの新妻東一の言葉を引用。
「時代の要求があって、進歩は進歩だと充分認めてはいるんですが、僕は本来の『飛行機』がいい。
青い草の小さな飛行場にいるのが一番楽しいんですよ。本当に、もうジェット機にはまったく魅力がありません。
ただし、T-1だけは別ですよ。あれだけはね…」

|

« 永田議員、メールを偽物と認める | Main | OneAfternoonModelling<RLM23編> »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

これを知ったときは「後悔」の一言でしたねぇ
...。代休で行けたのに(深夜バスでも)築城で
乾坤一擲の大勝負が控えているから辞めちゃった
のがいつもの自分らしくないなぁ...。

 築城では後悔の無いように撮影に挑んできます
(天候しだいだけどなぁ...)。

Posted by: ねこすけ | 2006.03.06 at 00:10

>ねこすけさん
こんばんは。
スマートなT-1、自分は飛行する姿は結局、見ずじまいでした。
築城ではかんばってきてください。

Posted by: ウイングバック | 2006.03.06 at 17:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/8925360

Listed below are links to weblogs that reference 小牧基地でT-1が引退飛行:

« 永田議員、メールを偽物と認める | Main | OneAfternoonModelling<RLM23編> »