« 稲川会系暴力団の武器密輸事件で、RPG押収 | Main | TSR.2 Day1st »

ロシアが2015年にガソリン輸入国に転落?

ノーボスチ通信によれば、ロシア国会のエネルギー委員長、バレーリー・ヤゼフ氏は議会で、ロシアの高品質ガソリンの需要が2015年までに現在の年間2700万トンから40%増の3800万トンに達すると予測。しかし国内製油所からのガソリン供給量は同3000万トンにとどまるため、最大800万トンを輸入に頼らざるを得なくなると明らかにした。
ガンガンと石油を掘って輸出し、石油産業のトップはイングランドサッカーのビッグクラブを買収するなど、ロシアは石油採掘によって国力を回復している。が、内実は設備投資を怠って、ひたすら原油輸出で潤っているだけ、なんだろうな。イビツな産業構造を改善しないと、安く原油を輸出して高くガソリンを輸入するという、本末転倒な事態になり、またまたロシアの経済が悪化。するとエネルギー供給でで繋ぎとめている旧ソ連邦の各国の離反が始まって、中央アジアが混乱して・・・なんてことになりかねない。まあ、アメリカの石油産業がコンビナート建設という大きな事業を見逃すはずがないような気もするが。

|

« 稲川会系暴力団の武器密輸事件で、RPG押収 | Main | TSR.2 Day1st »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロシアが2015年にガソリン輸入国に転落?:

« 稲川会系暴力団の武器密輸事件で、RPG押収 | Main | TSR.2 Day1st »