« 書評<本当の潜水艦の戦い方> | Main | 書評<イラストでよむハイテク兵器の物理学> »

2006.06.04

F-4S Day2nd

あれはまだ札幌が冬の真っ只中にあったとき。内地からエライ人が来て、得意先巡回をしていたときの世間話。
WB「娘さんに土産は何買って帰るんスか?」
エライ人「まだ小さいから、札幌から何買って帰っても分かんないよ。どこかで<ふたりはプリキュア>グッズでも買って帰るよ」
WB「そういや一昨日が最終回でしたもんね。燃えましたよねー。あれだけイイと、新シリーズはプレッシャーかかりますね」
エライ人「WB、何で見てんの?オタクだとは知ってたけどそこまでとは・・・」
WB「いや、たまたまTVつけたらやってて、いや決して毎回見てたわけではなくゴニョゴニョ・・・」
2006_0605f4s0001
toyさんにコメントをもらって思い出したのはこんな話。さらに諸般の事情から作業中断していたハセガワのF-4Cがダンボールの奥に眠っていたのを思い出し、マーブルスクリューに向けて同時進行を決意。F-4CからF-4Jに戻すべく、機首のIRセンサーを撤去し、ブライドル・ケーブル接続用の部品に交換し、アンテナ類を見直して、パイロンとメインギアは海軍用をどこかから持ってこないと・・・って、けっこう手間だなこりゃ。でもガイアカラーのホワイトも買ってきたし、もう元には戻れない。
ところで、いくら画像を探してもホワイトバニーが見つからないんですけど、エアインティークサイドのECMアンテナがついてたんでしょうか?ついてたんなら先端までホワイトだったんでしょうか。どなたかご存知でしたらコメントください。

« 書評<本当の潜水艦の戦い方> | Main | 書評<イラストでよむハイテク兵器の物理学> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

こんばんは~
ファントム2機同時製作ですか、私は以前ハセの72で同時製作をしようとして挫折しました(笑)

ホワイトバニ-ですが、VX-4のPLAYBOYバニ-の白いヤツですかね?手持ちの本ではインテイク横のアンテナは付いてますよ。J型用の短いヤツで先端は黒、塗り分けは他のJ型と同様です。
ちなみにシリアルは158350、機番が5です。

こんばんはー
調子は戻られたのですか?
ブログ再開ならば大丈夫そうですがご自愛くださいませ。
妖怪をひっぱり出してこられたのですか,わたしも4機ほど胴体接着で止まっています。
SとJですか,楽しみですね。

>BAELさん
こんにちはー。
早速教えていただき、ありがとうございます。信用できる塗装図がなかったので。テイストの違いを感じながらの連作、おもしろいですよ。

>mikamiさん
こんにちはー。
100%完調、とはいきませんが、なんとか戻しました。ご心配、ありがとうございます。
妖怪さんのホワイトとブラック、思い立ったら吉、ということで手早くいきたいと思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference F-4S Day2nd:

« 書評<本当の潜水艦の戦い方> | Main | 書評<イラストでよむハイテク兵器の物理学> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ