« 書評<オペレーショナル・インテリジェンス> | Main | 書評<フェラーリが見たニッポン> »

北朝鮮が6回、弾道ミサイル発射

北朝鮮が5日早朝、弾道ミサイルを6回、発射した。防衛庁によると、ミサイル発射は午前3時半ごろ、4時ごろ、5時ごろ、7時10分ごろ、7時30分ごろ、8時20分ごろの計6回。いずれも北海道・稚内から西南西沖数百キロの日本海に着弾。船舶への着弾など日本側の被害情報はないという。
 アメリカのハドリー大統領補佐官によると、3発目がテポドン2だったが、発射から約40秒で痕跡を絶ち、打ち上げ途中での失敗だった。1発目と4発目は短距離弾道ミサイルスカッドCで、2発目はスカッドか中距離弾道ミサイル「ノドン」のいずれか、5、6発目はノドンだった。
個人的な感想。タスクフォース70(キティホーク・カウペンズ)の乗員たちが小樽・札幌での休養をおおむね邪魔されなくてよかったね、と。一般公開の実施されてよかったね、と。でも、横須賀には真っ直ぐ帰れるのだろうか?
それにしても、6連発とは派手に花火を上げたものだ。メインはテポドン2なんだろうが、6連発の狙いがよく分からない。テポドン2、落下推定地域からすると、アラスカ近辺への軌道だと短絡的に予測してしまうが、それはアメリカの武力行使の言い訳をつくる行為にしか見えないのが、どうなんだろう。これまた狙いがよく分からない。
シャトルの打ち上げの失敗を予期し、自国のロケット技術の優秀さを誇示しようとする。また韓国の竹島周辺の日本のEEZ(排他的経済水域)への調査船侵入の援護射撃とする。ここまで狙っていたとしたら、スゴイね。
まあ、騒ぐのはほどほどにして、スルーするのがここは得策かと。

|

« 書評<オペレーショナル・インテリジェンス> | Main | 書評<フェラーリが見たニッポン> »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

 将軍様の打ち上げ花火が先週ぢゃなくてよかったですね(笑)。これはきっと、アメリカの独立記念日を祝った将軍様からの贈り物なんですよ。(-_-;)

>>横須賀には真っ直ぐ帰れるのだろうか?

 間違いなく今ごろ緊急出港の準備してるでしょ。日本海側にいるのはラッキーてなもんで、そのまま半島の沖合に行くんと違う?

>>韓国の竹島周辺の日本のEEZ(排他的経済水域)への調査船侵入の援護射撃

 これはないでしょ。韓国側も「ちょっと、困るんですよね」的コメント出してますし。

韓国「深刻な遺憾」、北の「挑発行為」を非難(読売新聞)
http://newsflash.nifty.com/news/topics/northkorea/ta__yomiuri_20060705i110.htm

 ちなみに、この件でこんな喜ばしい付録がついてきますた。(^^)/

沖縄市議会パトリオット抗議中止(沖縄タイムズ)http://www.okinawatimes.co.jp/day/200607051700_01.html

Posted by: KWAT | 2006.07.05 16:51

こんばんは。

>アラスカ近辺への軌道だと短絡的に予測してしまう

それ自分も思いましたね。流石にやばい&残骸を回収される事を警戒して途中で自爆させたのかも知れません。
どこかの掲示板で見た情報で、韓国側が察知した限りでは全部で10発発射なんて話も出てます。大盤振る舞いですね。
それにしてもアメちゃんはイランにはやたら厳しかったくせにどうして北には甘いんでしょうね。

Posted by: あんぐら | 2006.07.05 20:03

>KWATさん
こんばんは。
最近、南はすでに北の影響下にあるのではないかという、妄想にとりつかれてまして(笑)。それはともかく、無防備都市宣言などという、戯言がいかに意味のないものかよくわかったのでないかと。

>あんぐらさん
こんばんは。
この在庫一掃セールの意味が分かるのは、もっと後かも知れません。イスラム教の一派の親分であるイランと、何かやるたびに孤立する北朝鮮とでは、さすがの大統領も意識に差があるのかも知れません。

Posted by: ウイングバック | 2006.07.05 21:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮が6回、弾道ミサイル発射:

« 書評<オペレーショナル・インテリジェンス> | Main | 書評<フェラーリが見たニッポン> »