« 書評<ウソの歴史博物館> | Main | A-4F Day1st »

F-14Dトムキャット、ついにラスト・フライト

現地時間の2006年9月22日、NASオシアナにてF-14Dトムキャットのラスト・フライトが実施されました。
060922n1082z006
最後までトムキャットを装備していたのはVF-31"Tomcatters" 。"Sunset Ceremony"と題された引退記念フライトを実施し、36年の歴史に幕を閉じました。艦隊防空の任に就くために生まれながら、最後はスマート・ボムを搭載し実戦参加。トムキャットもまた、冷戦とその後の歴史に振り回された戦闘機でした。生涯を通じて、意外と撃墜機数がすくないのは、幸運なことだったのでしょうか。
VG翼と長距離AAMのAIM-54フェニックスが”最強”の印象を強くし、「ファイナルカウントダウン」「トップガン」で主演し、日本でもマニア筋で絶大な人気を誇ったトムキャット。個人的にも、F-4ファントムⅡを除けば生涯最高のプラモ製作機数です。必ず、まだまだ製作機数を重ねていくことでしょう。

|

« 書評<ウソの歴史博物館> | Main | A-4F Day1st »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/12011476

Listed below are links to weblogs that reference F-14Dトムキャット、ついにラスト・フライト:

« 書評<ウソの歴史博物館> | Main | A-4F Day1st »