« MINOLTA TOYOTA 88C-V Day2nd | Main | MINOLTA TOYOTA 88C-V Day4th »

2006.09.16

MINOLTA TOYOTA 88C-V Day3rd

現用機メインのモデラーにはタミヤは案外と縁が薄いので、作るたびに感心してしまいます。
2006_091688cv0015
ウインドウとボディのマスキングシールがついてるんですよ。ボディに刻んである1989年からのスタンダードかどうかは分からないけど、これがあるだけで作業性がずいぶんと違う。ボディパーツの裏面とダッシュボード?にセミグロスブラックを吹き、ウインドウを取り付けてマスキング。ガイアのピュアホワイトを吹いてボディをマスキング。乾燥したらホワイト部分をマスキング。一応、流れ作業ができる。
それにしてもホワイトも難しいなあ。同じ事を全体塗装のたびに言ってる気もするが(笑)。前回の87Cのとき、ベースホワイトをゆず肌になるまで厚く吹いてしまい、研ぎ出しをするはめになった。今回はそれが怖くてベースホワイトを使わなかった。それゆえ、ホワイトの発色に限れば87Cの方がいいような気もする。手間はやっぱりかけるもんだ。

« MINOLTA TOYOTA 88C-V Day2nd | Main | MINOLTA TOYOTA 88C-V Day4th »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MINOLTA TOYOTA 88C-V Day3rd:

« MINOLTA TOYOTA 88C-V Day2nd | Main | MINOLTA TOYOTA 88C-V Day4th »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ