« F-14A Day1st | Main | 書評<ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス> »

書評<軍事を知らずして平和を語るな>

軍事を知らずして平和を語るな―Issues on Japanese defense
石破茂  清谷信一
元防衛庁長官にしてミリオタ国会議員、石破氏と、軍事評論家である清谷信一氏の対談をまとめたもの。
その話題は憲法9条、自衛隊、愛国心、日米同盟、特定アジア、軍事メーカーなど、多岐に渡っている。基本的には石破氏と清谷氏の普段からの主張を聞いたり読んだりしていたら、そう”新しい”と感じる主張はない。きちんと論理立てて国防について考え、”考えうる最悪な事態に備える”必要性を説く。空虚で、もはや宗教的な平和主義者たち(市民団体と呼ばれる人たち)を批判する。
愛憎半ばするゆえに自衛隊と日本の防衛産業を憂う清谷氏の暴走を、そうは言ってもやはり元防衛庁長官である石破氏が止めるという、なんだかどちらが政治家でどちらが評論家か分からなくなる部分はあるが(笑)、総じて正統派の主張を手早く読める対談集だ。

|

« F-14A Day1st | Main | 書評<ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/12380606

Listed below are links to weblogs that reference 書評<軍事を知らずして平和を語るな>:

« F-14A Day1st | Main | 書評<ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス> »