« F-14A Day3rd | Main | 書評<空母ミッドウェイ> »

2006.10.31

書評<女子高生、リフトオフ!>

女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉
野尻 抱介
父を探すためにソロモン諸島を訪れた女子高生、ゆかりは、そこで日本が密かに進める有人宇宙計画にスカウトされる。ハード・ソフトともギリギリの計画はトラブルの連続。そして最大のトラブルはリフトオフの後に訪れる。

1994年初出の古めのライトノベルだが、アニメ化ということで新装版にて発売された作品。 妙に凝った設定やいわゆる萌え要素を意識した昨今のライトノベルと違い、シンプルで正統派ともいえるSF作品。科学的に夢見るような設定ではなく、あくまで現実に沿った宇宙ロケットの打ち上げ物語だ。逆にそれが新鮮で、すらすらと読んでしまった。続編も刊行されるとのことなので、期待大である。

初版2006/10 富士見書房/富士見ファンタジア文庫

« F-14A Day3rd | Main | 書評<空母ミッドウェイ> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<女子高生、リフトオフ!>:

» 女子高生、リフトオフ!―ロケットガール [ライトノベルっていいね]
女子高生、リフトオフ!―ロケットガール 著者 野尻抱介 イラスト むっちりむうにい レーベル 富士見ファンタジア文庫  イラストは前の方が良かった。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします... [Read More]

« F-14A Day3rd | Main | 書評<空母ミッドウェイ> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ