« リボルティックにソルティック登場 | Main | 書評<ヤングガン・カルナバル> »

2006.10.11

書評<ニコチン・ウォーズ>

ニコチン・ウォーズ  THANK YOU FOR SMOKING
クリストファー バックリー  Christopher Buckley
ヒステリックに禁煙が叫ばれるアメリカ。ニックは”良識的な市民”の敵であるタバコ会社の意見を代弁するロビイスト団体の切れ者。論戦をハッタリで批判をかわしていく日々だったが、突然、誘拐されてニコチン・パッチで殺されかけたときから、陰謀に巻き込まれてピンチに陥る。

嫌煙派とタバコ会社の”戦争”をギャグを交えて描くフィクション。業界の利益誘導を仕事とするロビイストという”悪役”である主人公が、皮肉とハッタリで不利を覆していくのは痛快。個人的には、ニックの親友である”銃規制反対派”および”アルコール擁護派”のスポークスマンたちの”秘密の集会”の場面は、企業と”良識派の人々”に挟まれるロビイストたちの本音が出ていて秀逸だと思う。
ただし、ラストがハッピーエンド過ぎて納得いかないのが惜しい。

初版2006/09 東京創元社/創元推理文庫

« リボルティックにソルティック登場 | Main | 書評<ヤングガン・カルナバル> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<ニコチン・ウォーズ>:

« リボルティックにソルティック登場 | Main | 書評<ヤングガン・カルナバル> »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ