« 本日購入のマンガ 061121 | Main | F-4S Day3rd »

書評<反日マスコミの真実>

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐 (編集)
客観的な正義など存在しないのだから、真に客観的な報道など存在しない。それにしても、TBSや朝日新聞の報道は、2ちゃんねるを中心としたネットというフィルターを通すと、その偏向ぶりは顕著だ。本書はそうしたマスコミの所業や、文化人たちの発言をまとめている。
まあ、ネタは2ちゃんねるではお馴染みのものばかりだが、中にはその昔、朝日新聞が中国の文革を礼賛した記事なんかも掲載されており、なんと共産主義への憧憬の強いことよ、と感じる。”あのころ”を過ごした人たちが一掃されない限り、この傾向は消えないんだろうな、と思う。
ただ、こっちも反省する点があるとは思う。例えば先のアメリカの中間選挙。事前報道でNHKなどは強烈に民主党の勝利をプッシュしていたのだが、オレなんかは「ブッシュ嫌いという自作の偏向フィルターをNHKが被せているだけで、そんなことにはならないんじゃないの」と思っていたのだが、民主党は上院・下院とも勝利、その代償にアメリカ軍をかき回したラムズフェルド国防長官が辞任する結果になった。メディア・リテラシーってのは難しい。

初版2006/11 オークラ出版/ムック


|

« 本日購入のマンガ 061121 | Main | F-4S Day3rd »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

『見つかった!南京の記述!、翰林版にも!』


「Voice of America」などによると
南京の記述が無い無いと騒いでいた、
翰林版の教科書にも、最後の付録の大時紀(大年表)に
"日軍入城大肆殺戮、是為南京大屠殺"
と書いてあるそうです。

http://www.voafanti.com/gate/big5/www.voanews.com/chinese/archive/2007-02/w2007-02-13-voa42.cfm
 臺教科書淡化南京屠殺國民黨不滿 記者: 張永泰
 台北
 Feb 13, 2007

 台灣新版高中歴史教科書當中,出現了淡化處理南京大屠殺事件的情形。
 在野黨的國民黨對此相當不滿,並提出了批評。

 有關1937年的南京大屠殺事件,台灣今年許多不同版本的高中歴史課本都出現了淡化處理的情形。
 以翰林版為例,課文沒有提到南京大屠殺,只在最後附録的大事紀當中提到“日軍入城大肆殺戮,
 是為南京大屠殺”15個字。

 Voice of America

Posted by: カルビー | 2009.03.20 at 17:33

◎ 台湾立法院 趙党派で決議 ◎

http://japanese.rti.org.tw/Content/GetSingleNews.aspx?ContentID=68152
 中央廣播電台 2008/11/12

 立法院が日本に従軍慰安婦で謝罪求める決議

 立法院本会議は11日、日本政府に対し「明確かつ曖昧でない態度で、
 第二次世界大戦中の日本軍性奴隷制度の歴史責任を正式に認め、
 謝罪し、責任を取るべきである」と要求する決議を採択した。

http://news.shikoku-np.co.jp/national/international/200811/20081111000232.htm
 台湾、慰安婦で日本に謝罪要求/立法院が決議
 2008/11/11 13:50

 【台北11日共同】台湾の立法院(国会)は11日、
 第2次大戦中の旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐって、
 日本政府による公式謝罪と被害者への賠償などを求める決議案を全会一致で採択した。

 決議案は超党派の立法委員(国会議員)らが提出。
 同委員の1人は「決議が現在の日台関係に影響するとは思わない。
 慰安婦だった女性はいずれも高齢で、1日も早く日本政府に謝罪してほしい」と述べた

Posted by: れーずん | 2009.03.21 at 15:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/12770732

Listed below are links to weblogs that reference 書評<反日マスコミの真実>:

« 本日購入のマンガ 061121 | Main | F-4S Day3rd »