« F-4S Day4th | Main | 書評<ゾウの耳はなぜ大きい?> »

書評<へんな毒 すごい毒>

へんな毒すごい毒
田中 真知

”毒”と一言でいっても、植物由来だったり動物由来だったり、人間の神経を冒すものや血液を冒すものがあったり、その種類は様々だ。本書はそれらをごく簡単に分類して解説する、”毒”の入門書である。
本書でたびたび指摘されるのは”毒とクスリは紙一重”ということだ。人間を死に至らしめる毒でも、その毒の成分をうまく抽出したりできれば、それは薬となる。特に動物・植物由来の毒については、未来の新薬となるべきものも多々ある。
最終章では、毒物を使った殺人事件がいろいろと紹介されている。某マンガでも”毒殺という麻薬”という言葉が出てきたんだけど、ミステリーを読まない自分には範疇外かな。
身近な植物に含まれる毒から、BC兵器まで広く浅く知るには最適な本だ。ただし、酒飲んだりしながらだとヘンな気分になるので、お気をつけて。

初版2006/10 技術評論社/ソフトカバー

|

« F-4S Day4th | Main | 書評<ゾウの耳はなぜ大きい?> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/12821457

Listed below are links to weblogs that reference 書評<へんな毒 すごい毒>:

« F-4S Day4th | Main | 書評<ゾウの耳はなぜ大きい?> »