« 防衛弘済会からのDM | Main | ソルティックH8 ラウンドフェイサー コーチマSPが届いたよ »

2006.12.11

書評<A君(17)の戦争>

新装版A君(17)の戦争1 まもるべきもの
豪屋 大介
BAESERGAさん推奨)
いじめられっ子だが、怨念増幅装置も併せ持つ小野寺剛士は、魔族と人族が大戦争を繰り広げるファンタジー世界へ飛ばされてしまう。本人にとっては不本意ながら、戦争の才を見込まれて魔族の総帥となり、人族からの侵攻に対抗していく。

てんでバラバラの感想をいくつか抱いたので箇条書きで。
①基本的には、中世ヨーロッパをベースとした剣と魔法の世界に、現代戦の戦術(空挺奇襲、ネットワークを中心とした戦いなど)を持ち込むとどうなるか、不利を覆せるかというシュミレーションであると思う。その戦術がハマッたときの描写は爽快。
②長期連載のマンガの絵柄が変わっていくことはままあるが、ライトノベルも長期刊行のうちに作風が変わっていくんだなあ、と今さら気づく。当初、主人公の成長と戦争が等価で描かれていくが、巻が進むに従い、戦術に関する注釈が増えていき、そこに重点が置かれるようになる。ライトノベルとしてのバランスは5巻までぐらいがベストではないでしょうか。
③オタクへの強烈な”同族嫌悪”が目につく。たまになら自虐ギャグにもなろうが、これも巻が進むごとにしつこくなる。読者に媚びる必要もないが、あんまりクドイのも、ねえ。
当たり前だが、ライトノベルにも完結すべきタイミングがあると感じるシリーズでした。

最新刊9巻初版2006/01 富士見書房/富士見ファンタジア文庫

« 防衛弘済会からのDM | Main | ソルティックH8 ラウンドフェイサー コーチマSPが届いたよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<A君(17)の戦争>:

« 防衛弘済会からのDM | Main | ソルティックH8 ラウンドフェイサー コーチマSPが届いたよ »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ