« ソルティックH8 ラウンドフェイサー コーチマSPが届いたよ | Main | 書評<逆境戦隊バツ「×」〈2〉> »

2006.12.20

書評<神は沈黙せず>

神は沈黙せず〈上〉
神は沈黙せず〈下〉
山本 弘
幼い頃に土砂崩れで両親を失い、神の存在など信じないフリーライター、和久優歌。むろん宗教とも距離をおいているのにも関わらず、なぜか様々な超常現象を体験する。そして世界で頻発する超常現象は、神の存在と現出に繋がっていく。神と我々の関係が示されたとき、人類はどうするのか。

神の存在を真正面から扱ったSF作品の文庫化。自分としてはSF作家としてよりも”と学会”の会長としての山本氏の印象が強く、本作品も前半はUFOなどの超常現象を否定的に解釈する文章が連なるので、「小説の形を取った山本氏の知識の集大成か」などと勝手に思って読み進むと、やがて背筋がゾクゾクとくるような場面に何度も出くわす。特にそれまで否定的に解釈されてきた超常現象を、ラスト近くに逆に神の存在と意図の証明にするなど、小説としても一級の作品だ。
本書の読み解き方はいろいろあるとは思うが、自分が一番印象に残ったのは「神の意図を読んだと勘違いした人間の愚かさ」だと思う。自らが”特異点”となるべく、国家と国民を操ってきた男も、神が支配する地球全体の生態系あるいは人間社会全体においては、ほんの小さな不確定要素でしかないこと。神を信じる”弱さ”や信じない”強さ”よりも、神に媚びようとする”賢しさ”こそが軽蔑すべきものであることは、神を我々の日常レベルの何か、例えば権力者に例えても、あてはまることではないか。
モチーフとなったクラシックSFや進化論などへの興味へも繋がる、大作SFであることは間違いない。

初版2006/11  角川書店/角川文庫

« ソルティックH8 ラウンドフェイサー コーチマSPが届いたよ | Main | 書評<逆境戦隊バツ「×」〈2〉> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<神は沈黙せず>:

« ソルティックH8 ラウンドフェイサー コーチマSPが届いたよ | Main | 書評<逆境戦隊バツ「×」〈2〉> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ