« 書評<サッカー監督はつらいよ> | Main | 書評<七王国の玉座-氷と炎の歌> »

F-18D Complete

年始休暇から手をつけたフジミ1/72ボーイングF-18Dホーネット(TUDM仕様)、完成しました。
2007_0113f18d0001
F-18はアメリカ海軍の主力戦闘機。マレーシア空軍(Tentera Udara Diraja Malaysia;TUDM)はF-18の海外カスタマーの1つで、複座型F-18Dが20機ほど導入がされています。TUDMはロシアの武器商人と旧MDCを天秤にかけて商談、かなり値段を下げてF-18Dを導入、ほぼ同時期にMig-29も導入しています。Mig-29は防空用、F-18Dは攻撃用に用いられているようです。
2007_0113f18d0011
フジミの1/72F-18ホーネットは全面スジ彫りの今風スタンダード。LEX(主翼前縁の張り出し)とエアインティーク、主翼近辺の合いにやや難がありますが、フシギな分割線のハセガワのホーネットのキットと比べればパーティングライン消しまで含めると組みやすいかも。もう1つ、ハセガワと比べるとややフジミのホーネットの方がマッチョなプロポーション。いつものようにストレート組みで、アンテナ類とシートにファインモールドのエッチングパーツを使っています。武装はデカール付属の情報を元にGBU-12×4を搭載。
2007_0113f18d0007
TUDMの塗装はF-15Eイーグルなどと一緒のガンシップグレイ単色塗装。F-4dablemodelsというメーカーのデカールを使っています(というか、このデカールを発見したのでF-18作る気になったのですが)。丁寧に扱う限りバラバラになるようなことはありませんが、質は正直言ってあまり良くないです。
2007_0113f18d0016
濃いグレーの塗装と言うことでメリハリをつけるためにスジ彫りを深く掘り直したのですが、思ったよりスミが入りすぎてしまったのは反省。このへんのバランスは難しいものです。
さて、次は何を行きましょうかね。


|

« 書評<サッカー監督はつらいよ> | Main | 書評<七王国の玉座-氷と炎の歌> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。
完成、おめでとうございます。
メッチャ、かっこいいですよ。
作ってみたくなりますた~
……もっとも、私にはこれほどの
完成度は無理ですが……(TT)

4枚目の写真、いいですね~
撮影時のアングルも参考になりまする。

Posted by: 作左 | 2007.01.14 at 08:57

祝!!完成!

マレーシア空軍でF18を所有できるってことの状況がいまひとつ?ピンと来ません?
最近はどの武器でも商品価値?が昔以上に判りづらい世の中になっているような気がします。

それはそれとして、こいつはカッコイイ!!ですぜ!

Posted by: 高○ | 2007.01.14 at 18:33

>作左さん
ありがとうございます。斜め後ろからのショット、ワタシも好きです。でも写真は照明が難しいです。

>高○さん
ありがとうございます。
マレーシア空軍のホーネットがGBU-12を使う状況ってのが、いまいちピンとこないですよね。
でも、自己主張を抑えた感じの塗装、いいですよね。

Posted by: ウイングバック | 2007.01.14 at 20:08

こんばんはー
完成おめでとうございます,そしてお疲れ様でした。
淡いグレイに慣れた目には新鮮に映りますね。
私も余計なこと考えないで完成目指せばよかったと後悔しております…

Posted by: mikami | 2007.01.14 at 23:58

>mikamiさん
こんばんは。
ありがとうございます。
メジャーな機体にマイナーなカラーは新鮮です。
モデラーは誰もが浮気性ってころで(笑)。

Posted by: ウイングバック | 2007.01.15 at 21:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/13477273

Listed below are links to weblogs that reference F-18D Complete:

« 書評<サッカー監督はつらいよ> | Main | 書評<七王国の玉座-氷と炎の歌> »