« Hannantsからのお届けモノ 070116 | Main | F-117A Day1st »

2007.01.19

書評<月をめざした二人の科学者>

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡
的川 泰宣
冷戦の真っ只中、アメリカとソ連はもう1つの熾烈なレースを繰り広げていた。すなわち、宇宙進出のレースである。人類初の人工衛星であるスプートニク打ち上げでリードしたソ連。月面着陸を果たし、レースに最終的に勝利したアメリカ。2つの国のロケット開発は、それぞれ1人の天才が中心にいた。フォン・ブラウンとコロリョフである。本書は、2人の出生からの動向を中心に、米ソの宇宙開発競争を描いている。
ドイツでV2ミサイルを開発し、戦後に請われてアメリカに移住したフォン・ブラウンがぶつかったのは、アメリカ海軍・空軍・陸軍が予算を獲りあう縄張り争いであった。実質的に海軍・空軍のロケット開発が挫折するまで、陸軍に所属していたフォン・ブラウンにお鉢が廻ってくることはなかった。その反省と、「月へ」という明確な目標がNASAへの力の集中へ向かう。
一方、強制収用所帰りのコロリョフはライバルとの諍いがありながらも、ロケット開発のリーダーとして宇宙開発の中心人物となる。彼がリーダーとして政治家と交渉から現場ロケット開発まで携わることにより、力と予算は彼に集中し、それがスプートニクへの成功につながる。だが、やがて宇宙開発は彼一人の手腕では手に負えないほど高度に、複雑になっていく。
宇宙への情熱に溢れた2人の天才の背後には、2つの異なるイデオロギーを中心に据えた強大な国家があった。コロリョフが勝ち取った世界初の人工衛星打ち上げという栄誉と、フォン・ブラウンが実現した月面への到達という夢の実現は、2つの国家の争いなくしてはなかった。2人の情熱よりも、2人の国家との奇妙なその関係の方が、個人的には印象に残る。
本書では終盤となるアポロ11号の栄光の影には、コロリョフの死とソ連の月面への道の挫折があった。そのころの物語は、あまり語られることはない。今度はその挫折にスポットを当てた物語を読みたいものだ。

初版2000/12 中央公論新社/中公新書

« Hannantsからのお届けモノ 070116 | Main | F-117A Day1st »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<月をめざした二人の科学者>:

« Hannantsからのお届けモノ 070116 | Main | F-117A Day1st »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ