« 書評<空の帝国 アメリカの20世紀> | Main | PHANTOM FGR.2 Day6th »

PHANTOM FGR.2 Day5th

村上春樹翻訳のレイモンド・チャンドラー「ロング・グッドバイ」、ちょっと目を通してみたけど、そんなに変わるもんでもなかった(当たり前だけど)。ハードボイルドのバイブルとして、買うべきか買わざるべきか。
そんな悩みとは関係なく、ブリティッシュファントムはウォッシングと細かい塗装。
2007_0310f40027
エアブラシの圧が低くて、ちょっと塗面がザラザラ過ぎたため、ウォッシングは早めに拭き取り。でも、いつもより少しウェザリングは派手にしたい。いつもながら、そのバランスが難しい。さらに垂直尾翼だけツヤ有りのホワイトなので、どこまで汚すか迷うながらの作業。ここらへんは、独断しかないっすね。
さて、最後のデカールでトチらない様にしよう。

|

« 書評<空の帝国 アメリカの20世紀> | Main | PHANTOM FGR.2 Day6th »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

うむむむ!
ブリティッシュファントムは
やっぱカコイイ!
今回はセンターパイロンにガンポッドですか?
ヤフオクでマッチの英国ファントムが出ているのですがずーっと気になってます(笑)

Posted by: ドカ山 | 2007.03.11 at 12:31

>ドカ山さん
その通り、今回はガンポッド搭載でございます。フジミの英国ファントムには偵察ポッドもついております。
数あるファントムの中で、マッチのファントムとは、さすがドカ山さんです(笑)。

Posted by: ウイングバック | 2007.03.11 at 20:24

ファントム、相変らず作業早いですねえ。
それにカッコいいし。
で、
村上春樹訳のロング・グッドバイは、そう変わりませんか…。
私は買ってみようと思っていたのですが。

Posted by: Kazu | 2007.03.11 at 21:47

>Kazuさん
作業が早いのは、優秀なキットのおかげです。
「ロング・グッドバイ」に関しては、私が村上春樹を読み慣れてないので、そう感じるのかも。一見はする価値はもちろんあると思います。

Posted by: ウイングバック | 2007.03.11 at 21:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/14216314

Listed below are links to weblogs that reference PHANTOM FGR.2 Day5th:

« 書評<空の帝国 アメリカの20世紀> | Main | PHANTOM FGR.2 Day6th »